仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

浅野いにおのおすすめ漫画7選!喉がカラカラになるくらい感動する!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20170425152237j:plain

ソラニンが心配なのでジャガイモの芽はきちんと取りましょう。

バカコアラです。

 

もうそろそろ5月ですね。

5月といえば5月病です。

なんとなく心が不安になる季節。

 

そんな季節にぜひ読んでほしい漫画ということで

浅野いにお先生のおすすめ漫画を紹介します。

 

いや、中には絶対に読まない方がいいのもあるけど、

てか、ソラニン以外5月病の時は読まない方がいいかも!

 

まず、浅野いにお先生の紹介。

1998年4月16日午後3時に小学館ビッグコミックスピリッツ編集部に持ち

込んだ4頁の処女作品「菊池それはちょっとやりすぎだ!!」(浅野いにを名

義)が『ビッグコミックスピリッツ増刊Manpuku!』(小学館)に山本直樹

の代原として掲載され、持ち込みからわずか1週間でデビューした。

 

その後も何度か読切作品が掲載されるも、連載を持つまでの4年間は、編

集者との衝突などから漫画家を続けていく自信を失ってしまいながらも自

分の作風を模索する下積み時代を送る。

浅野自身この時期を「なにをやっても虚しいしうまくいかない時期だっ

た」と振り返っている。

2001年、『月刊サンデーGENE-X』(小学館)による第1回GX新人賞に

「宇宙からコンニチハ」で入選、同年6月号に掲載。

初の連載作品となる「素晴らしい世界」からデジタル作画に移行する。

 

ソラニン」は宮﨑あおい主演により映画化され、2010年に公開された。

ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて「デッドデッドデーモンズ

デデデデデストラクション」を連載。

(出典:wikipedia

 

wikipediaの冒頭、日本の漫画家。

 

うん、そらそうよ。

 

どんな漫画が多いかというと、

まあ1言でいうと、

 

ヴィレッジヴァンガードに置いてありそうな漫画。

 

決して戦闘力を図ったり、分身したり、体がゴムになったり、死神になったりすることのない漫画。

 

 

なんていうか、心の葛藤というか、誰しもが持ってる繊細な部分をついてくる漫画とい

うか、おしゃれとかって言葉を使ってしまうと、まあそれまでではあるんだけど、

それだけじゃない、夢に対する想いとか、現実の壁の高さとか、

なんかそういう誰もが一回は悩んだり、ぶつかったりするところを繊細に描いた漫画。

 

 

まあ口で説明するより読んでもらった方が早いです。

てなわけでさっそくランキングいってみましょう!!

 

 

第7位 虹ヶ原ホログラフ 


この漫画、一応ジャンルはサスペンスで1巻完結。

 

浅野いにお先生の漫画は1巻完結とか、短編とかが多いです。

んで、この漫画の感想なんですが、んー、正直あんまり意味がわかりません。

うん、わからないんです。
この漫画。

 

これ以外の浅野いにお先生の漫画は全部なるほどなーとか、

共感できたりするんですが、これだけは意味がわかりません。

 

内容はまあサスペンスで殺人事件が起こるんですが、結局どういう経緯で事件が

起こったのかとか、だれが犯人なのかとか、あんまりはっきりわからないまま

最後にファーっと蝶が飛んで終わります。

 

 

浅野いにお先生の作品の中で1番不思議な作品。

 

 

もし、読んでこういうことかと分かった人がいたら教えてください。

 

第6位 素晴らしい世界

短編集ですね。

 

それぞれが独立したお話なんですが、

微妙にところどころ繋がってたりします。

 

いろんな人が出てきて、それぞれみんな何か悩んでて、

うわー。こういうことあるあるとか、

すごい共感がもてるところがたくさんあるんですが、

ラストの方になると突然、死神が出てきます。

 

ただそれで世界観が崩れるとかでもなくて、

その死神もいい感じに日常に溶け込んでて、

絶妙な非日常感が楽しい作品です。

 

オムニバスなんで忙しい人でも1話ずつ読み進めていけると思います。

第5位 ひかりのまち

東京郊外の架空の新興住宅地「ひかりのまち」が舞台。

そこで起こる事件と住んでる人の日常を描いた、これも短編集。

 

でもこれは短編同士はっきりつながりがあります。

なんせ同じ町で起こってますから。

 

小学生で自殺ほう助のバイトやってる子が出てきたり、

JCの胸をめった刺しにしちゃうすっげー悪いヤンキーの兄ちゃんが出てきたり、

でもその悪い兄ちゃんにもやりたいことがあってみたいな、

何とも言えない気分になる短編集です。

 

個人的にはこのめった刺し兄ちゃん嫌いじゃないです。

 

まあJCめった刺しにしたらあかんけど。

 

第4位 世界の終わりと夜明け前

なんかこんな名前のバンドがありましたけど、特に関係ありません。

 

これも短編集です。

 

素晴らしい世界の続編も収録されています。

 

まあ続編といっても素晴らしい世界の中にある1短編のその後ということですが。

それでも僕みたいなファンにはたまりませんでした。

 

この世界の終わりと夜明け前には「東京」という名前の短編が収録されています。

僕はその中の1つのセリフを今でも覚えてます。

主人公の漫画家が東京について語るシーンで、

 

「・・・ふとした瞬間に恐ろしく孤独になる瞬間があるんだ。
外に出たって街には他人しかいなくて、なんでもあるけれど結局その全てが自分のものではなくて、
自分が一体何者で、どこで何をしてるのかすらわからなくなって・・・」

 

このセリフにすごく共感しました。

 

東京にはなんでもあるけど、その全てが自分のものじゃない。

 

まさに東京を言い表してるセリフだと思います。

 

東京で1人暮らしをしてて、孤独を感じているにはぜひ読んでいただきたい作品です。

 

第3位 うみべの女の子

これは全2巻完結の1本の漫画。短編集じゃありません。

 

中学生のかなり濃厚な恋愛が描かれています。

かなり濃厚です。

 

今どきの中学生ってみんなこうなの!?

 

って思いました。

 

あんまり書くとネタバレになるので、控えますが、

 

いや、やっぱりこの先はもし、この漫画を読もうかなーと思ってる人は

 

読まない方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

この漫画は通常の恋愛を逆の手順で書いた漫画なんです。

 

通常の恋愛の順番って

告白→付き合う→身も心も仲良くなる→つまりやっちゃうって

順番だと思うんです。

 

でもこの作品はそれを逆からやっていくわけです。

やっちゃうところからすべてが始まっていって、ラスト告白で終わる。

そういう作品。

 

かなり切ない内容なので5月病の時はやめた方がいいかもしれません。

 

第2位 おやすみプンプン

これだけ圧倒的に巻数多いです。全13巻。

2007年から2013年まで6年間連載してました。

 

あ、当然、短編集じゃないですよ。

 

プンプンというハトサブレみたいなやつが小学生からずーっと

大人になっていくまでを描いたお話。

主人公これ。

f:id:positivethinkingood:20170425035405p:plain

 

 

ね、ハトサブレみたいでしょ?

 

こいつずっとこれです。成長してもこれです。

 

でも最後の方になるとちょっと変化します。

こんな感じ。

f:id:positivethinkingood:20170425035427p:plain

( つの?)

 

なにがあって変わっていくのかは読んでからのお楽しみ。

 

まあ主人公はふざけてますが、他はまともです。

お話はもっとまともです。

 

かなり胸に詰まるものがありますし、一応1人?1ハトサブレの人生が

描かれているので、共感できるところもいっぱいありますし、

すごい感動するところもあります。

 

またハトサブレの叔父さんとかも出てくるんですが、またこれもハトサブレで、

てゆうかハトサブレの一族はみんなハトサブレなんです。

お父さんもお母さんも。

何いってるかわからないと思いますが、事実なんです。

 

んでその周りの人の日常とかも描かれるんですが、これも結構面白いです。

特にハトサブレ叔父さんの話は面白いです。

ハトサブレ叔父さんはとある女の子と知りあって付き合うんですが、

この女の子がなかなかの人物で彼氏の甥っ子であるハトサブレを

襲っちゃうんです。それがハトサブレの初体験になります。

 

あっ、さすがに局部はハトサブレだと意味不明なので、そこだけはしっかり目に

描かれてます。

 

何がどうなって彼氏の甥っ子とやっちゃうのかはぜひおやすみプンプン単行本5巻を

読んでください。

 

他の魅力としては、確実に泣けます。

 

僕はこの作品を読み終わってから、3日間号泣してました。

もちろん途中、外出してる時はおやすみプンプンのことは

考えないようにして我慢してましたけど、

帰宅してとあるコマを見ると涙が出てきて止まらなくなるんです。

それが3日続きました。

今でもそのコマを見ると涙が出ます。

 

ラストの方のシーンで主人公のハトサブレとヒロインの女の子が

昔見た流れ星と天の川の話をするシーンあるんです。

(またこの天の川の描写が恐ろしくきれい!)

 

f:id:positivethinkingood:20170425151329p:plain

 

 

そこでヒロインの子が

 

「私はあの流れ星に君と両想いになれますようにお願いしたんだ。
ちゃんと叶ったんだ・・・すごいぞ、こんな幸せなことってあるかな?」

って主人公に言うシーンがあるんですが、僕はここからの流れを思い出すと

もうなんとも言えない本当に切ない気持ちになります。

 

 

5月病の人は絶対に!何があっても読まないでください。

夏の終わりとかもやめた方がいいと思います。

年の暮れとか。

とにかくなんか無性に切なくなる季節にこれを読むとさらに何倍も切なくなってしまう

ので、読むなら、真冬か、真夏の真っただ中か、

とにかくなるべく気持ちが落ち着いてる時に読むことをおすすめします。

 

でも結果読んで損はしない作品です。

 

第1位 ソラニン

もうこれは文句なしに1位です!

 

 

僕はこの作品に出会って人生変わりました。

はっきり価値観が変わりました。

怪しい情報商材じゃないですけど、本当におすすめできる漫画です。

 

たった2巻しかないんですけど、

ほんとにこの2巻の中にすべてが詰まってる。

 

架空の国ジパングにある「週刊少年飛ぶ」という漫画雑誌ではひたすらに

連載期間を引き延ばすことが良いとされているようですが、

そんな長ければ面白いという考えを一蹴するかのような名作です。

 

いや、長くて面白いものもありますよ!

 

トーリーは種田という男と芽衣子という女の子が夢と現実の間で戦ってもがくお話。

 

この漫画の裏表紙に書いてある言葉が大好きなので、紹介します。

 

この限りなく不透明なイマを生きる、僕らの青春狂想曲ー

社会人2年目、種田と芽衣子の
楽しくもせつない、小さな恋の物語ー

性別・世代を超えて確かな共感と感動を呼ぶ、超話題作!!
(出典:ソラニン第1巻裏表紙より)

 

まさに青春狂想曲!この言葉が1番この漫画には似合うと思います。

 

きっと皆さんも自分の夢と現実の間で悩んだことがあると思います。

夢をとりたいけど、実際の生活を考えると踏み出せない。

1度でもそんな思いを経験したことがある人は絶対に読むべき!

 

f:id:positivethinkingood:20170425151754p:plain

(1番好きな1コマ)

 

さらにいえば「おやすみプンプン」とは逆で5月病の人とか、

ちょっと気分が沈んでる人とかは一瞬切なくなるかもしれないですけど、

きっとこの漫画読むとなんか背中押されるはず。

明日もとりあえずがんばってみよう!って思えるはず。

 

ぜひ読んでみてください。

 

ただし、実写映画の方はあんまりおすすめしません。

個人的には原作ファン阿鼻叫喚って感じでした。

 

なんか実写映画は恋愛の方に重きを置いているというか、

まあ裏表紙にも恋の物語と書いてあるので、それでいいのかもしれないんですけど、

僕はとしてはそこだけじゃないやろ!って思うんです。

なんていうか夢を追うときに付きまとう不安とか、何ともいえない現実の壁の高さとか

 

そういうどうにかしたくてもできない!

 

切なくて切なくて、でもなんとかしたい!夢を追いかけたい!

現実もなんとかしたい!

どうする!?どうすればいいの!?

ああああああーーーーーーー!!!

 

みたいなどうしようもない葛藤がこの作品の肝だと思うわけですよ。

なので、僕は実写映画はおすすめしません。

 

宮崎あおい可愛すぎますし。

高良健吾かっこよすぎやし。

 

アジカンの「ソラニン」はバッチリでした。

楽曲の「ソラニン」は文句なし!

僕はカラオケで「ソラニン」を歌うと泣いてしまうくらい感情移入してしまいます。

 

「たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする
きっと悪い種が芽を出して
もう さよならなんだ」

 

ヒトカラ以外では歌わないようにしてます。

 

ぜひ読んでみてください。
絶対に何か共感できることがあるはずです。

 

まとめ

浅野いにお先生の漫画はこの他にも

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」とか

最近、連載がはじまった「零落」とかあります。

そちらはまだ読んでないですが、きっと面白いと思います。

 

ちなみに僕の家にある「ソラニン」はボロボロです。

何度も何度も読み返しているからです。

何度読んでも、面白く、その時その時で思うことが変わる。

 

まさに名作だと思います。

 

まあみんながみんな同じように感動するわけじゃないとは思いますけど、

僕にとってはとても大切で重要な漫画です。

 

とはいえ、他にも好きな漫画はあるので、また漫画について書きたいと思います。

次あたり「純情パイン」特集にしようかなー。

またね!

 

こちらもぜひ!