仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

エストニア政府がICO!estcoin間違いなく上がるでしょ!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20170824040005j:plain

マジかよ!?

エストニア政府がICOって国がICOするってことかよ!

すげー!

 

さらに国が「estcoin」なる仮想通貨を発行するそうな。

マジですげー!

凄すぎる・・・

 

しかもエストニアは電子住民という制度を

取り入れているので

ICOとの組み合わせが最高なのです。

 

今回はどう最高なのかを

僕の持てる知識で解説していきます。

 

いつも通り超初心者用の内容となっております。

 

 

電子住民とICOの組み合わせは最高

まず電子住民とは何ぞや

簡単に言いますと

ネット上でエストニア人になれるということです。

 

は?

 

うん、は?ですよね。

ネット上でエストニア人になれるってどゆこと?

 

つまりですね。

電子住民となると

エストニアにいなくても、国籍がなくても

エストニアで会社を作ったり、銀行に口座を開設したり、

納税できたりするわけです。

ちなみに居住権と投票権はありません。

 

他にもいろいろできることがあるみたいですが、

ポイントは会社が作れるというところ!

 

エストニア人じゃなくても会社が作れるんですよ!

世界中どこからでも!!

 

これがやばい!

これがICOと組み合わさったらやばい。

儲かる予感しかない。

 

んじゃ次、ICOの説明。

 

ICOとは

ざっくり簡単にいきますね。

ICOとは会社が仮想通貨を発行して

お金を集めることです。

 

これまで株を発行してお金を集めていたのを

仮想通貨でやろうというわけです。

 

仮想通貨でやるメリットとしては

世界中どこからでも簡単に買えるという点です。

 

株だと証券取引所を通して

登録してどうのこうのとややこしいですが

仮想通貨だと激簡単です。

 

ICOの取引所とはちょっと違いますが、

仮想通貨を買う場合は

例えばコインチェック(coincheck)のような取引所に登録して

買いたいコインをポチポチするだけです。

 

Amazonでものを買うのと大差ないです。

てかそれより簡単かも。

 

これにより企業はこれまでの何倍も簡単に

世界中から資金を集めることができるようになったわけです。

 

30秒で35億集めた会社もあります。

ブルゾンですよ。

 

日本でもテックビューロという会社が

COMSAというICOの企画を始めようとしています。

詳しくはこちら。

関連記事:COMSA(コムサ)とは?仮想通貨?ICO?超初心者向け解説!

 

いよいよ、ヤバイ匂いがしてきたでしょう

世界中の人々から30秒で35億集められる仕組みがICO

世界中どこからでも企業できるのがエストニアの電子住民。

 

ほら、ヤバイ匂いがしてきたでしょう。

 

つまりこの2つが合わさると

世界中のこれから資金を集めたい人や会社が

ガンガン、エストニアで起業して

ICOする可能性があるってことですよ!

 

国家でICOやってるとこなんてエストニアしかないですからね。

しかもその国でそのまま企業までできて、納税もできると。

どう考えてもこれから起業する人はエストニアで起業するでしょう。

特にヨーロッパの人は。

ヨーロッパじゃなくても、英語が理解できて

自国にICOの仕組みがない人はどんどんエストニア

集まってくると思います。

 

そうなると!

そこで使われるであろう

「estcoin」の価値が上がらないわけない!

 

なんせ相手は世界中の人間ですからね!

エストニアの人だけじゃないですから!

世界中の人が電子住民制度で起業して

そのままICOで資金調達できるんですから!

 

例えるなら

シャンプーしたまま体も洗えちゃうみたいな!

流れがスムーズ!

上からそのまま全部洗えちゃうみたいなことですよ!

 

いや、わかりずらいな。

たとえ下手くそか。

 

なんにせよ、とにかくスムーズだということです。

どんな感じになるかわかりませんけど

税金がちょっと減ったり、

手数料が安かったりしたら

確実にエストニアで起業、ICOの流れは増えるでしょうね。

 

今のとこestcoin販売時期は未定

今はまだ情報を受け取るためのメール登録と

公式ブログがあるだけです。

 

興味がある方はこちらから

メール登録してみてください。

estcoin公式ページ

 

全文英語で来ますけど。

 

おそらくこの先どこかのタイミングで

販売のための事前登録が始まると思うので

その時は絶対に登録しようと思います。

 

販売のための事前登録と言ってますが、

トークンのプレセールのことです。

トークンとかいうとややこしいので

販売と言ってます。

 

まとめ

この「estcoin」は

日本で始まるCOMSAのCOMSAトークン以上に

価値が上がるんじゃないですかね。

あくまで素人の予想ですけどね。

 

でも上がらん要素がわからん。

 

販売が開始したらこのブログでも

確実に特集しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

きっと超初心者用に書きますし。

 

国家がICOはじめたりと

これから仮想通貨の市場はやっぱり

確実に伸びていくでしょうね。

 

少しでも一獲千金を狙うなら

そろそろ少額からでも始めて

仮想通貨について勉強しておいた方がいいです。

関連記事:仮想通貨投資は少額から始めた方がいい理由3つ!

 

もうほんとに僕らがおじいさんになる頃には

紙幣と硬貨なんて誰も使ってないかもしれませんね!

 

そして!

仮想通貨投資に慣れてきたら

コインチェック(coincheck)よりも両替手数料の安い

Changelly(チェンジリー)を使ってみよう。

関連記事:Changelly(チェンジリー)の使い方!手数料?登録?超簡単に解説!

 

こちらもぜひ!

治験バイトとは!危険なの?高額?治験会社の人に裏側を聞いてみた!

治験バイトに女性が急増!?女性にオススメの治験会社はここ!

投資知識0の消費豚系アニオタフリーターでも仮想通貨NEM(ネム)でちょっとだけ儲かった!

仮想通貨暴落!アニオタの1万円が消えていく・・・

noahcoin(ノアコイン)は評判通り怪しい!普通にcoincheckでアルトコイン買えば?