仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

震災ポルノの意味とは?震災ポルノ、感動ポルノに対して思うこと。

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20170414171929p:plain

こんにちは。

バカコアラです。

熊本地震から1年が経ち、ネットで急に言葉を目にしました。

「震災ポルノ」

はじめはなんじゃそれと思いましたが、

どうやらyahooニュースの記事で農村社会学者の方が使った言葉のようです。

news.yahoo.co.jp

ネットでは批判的な声が多いみたいですね。

震災ポルノの意味

 意味としては、上の記事の徳野氏いわく

徳野氏:目に見える感動しやすい部分を、安易に取材して記事化したものを指す。報じたとしても、課題が解決されることはない。

 つまりお涙頂戴的な感動する場面だけを切り取ってことさらに報道することを

差しているようです。

これを見て24時間テレビが「感動ポルノ」って言われてたのを思い出しました。

地域の絆がより深まりましたとか、どんな悲劇が起こっても

人はそれでも前を向いて生きていけるんだみたいな

そういう側面ばかり報道して、現実の排泄問題とか、住居の問題とか、

農村部の土砂災害などに関してはほとんど報道しないマスコミの姿勢を

差しているようです。

震災ポルノに対して思うこと

まず変な言葉をつくるな!って批判があったりしますけど、

それに関してはええやろって思います。

言葉とは良くも悪くも変わっていくものですし、

別に造語が特別悪いとも思いません。

それよりも「こういったお涙頂戴的な報道は悪だ」みたいな流れの方が

問題だと思います。

いや、いろんな問題があると思うんですけど、

まず僕はお涙頂戴でも多くの人に認知してもらえたらそれでいいじゃないか

って思います。

確かに現実の問題をあまり報道しないのはよくないと思います。

生活していた基盤が壊れることで、

衣食住はどうするとのかみたいな一見、言い方が悪いと思いますが、

地味な問題というのを報道しないのはそれはそれで確かに問題です。

でも、そういう問題を解決するにはまずは多くの人に興味を持ってもらう

ということが大切だと思います。

いやいや、そんなお涙頂戴みたいな報道がなくても興味を持てよ!

って意見は重々わかります。

確かにそうです。

でも、人はみんな日々忙しいです。

みんな毎日必死に生きてます。

自分のことで精一杯なのです。

そんな人たちにこっちを向いてもらうためには多少のお涙頂戴のような

感情に訴えるような報道も必要かなと思います。

24時間テレビを「感動ポルノ」だとする批判がある。

でも、感動ポルノだとしても現実にお金が集まってそれで

助かる人もいてる。

震災ポルノだってそう。

それで関心を持って、募金したり、ボランティアに行ったり、

自分にもできることがあるんじゃないかって行動を起こす人がいる。

それが大事なんじゃないかなって思います。

別にだからといってそういう悲劇的なものばっかり報道しろとは

言ってません。バランスが大事だとも思います。

でも、社会学者の方が仰る「震災ポルノ」も震災復興の一助に

なっている側面もあるんじゃないかなってバカなりに思うわけです。

どうしても感動ポルノにしても震災ポルノにしても、

そういう悲劇でお金を儲けるなんてけしからん!

的な批判が出てきますけど、何もしなくて儲からないよりいいでしょって

思うわけです。

お金の力は絶大です。

たくさんあればそれだけ多くの人を救えます。

そのためなら多少の震災ポルノ、感動ポルノもやむなしと思うわけです。

清濁併せ呑む考え方が重要だと思います。

 

ただし、

 

去年の熊本地震で話題になりましたけど、

そういった報道ばっかり見て、ノリでボランティアに行って、

「泊まるとこないんすか?」とか

「ごはんまだですか?」とか

「就活のネタになるんで」とか

もうそういうわけのわからんのはやめてくれ!!

とは思います。

モンスターボランティアあかん!!