仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

東京で家賃5万以下の家を探すコツ5つ。

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20170408152821j:plain

だいたいの乾燥はNIVEAで治る。

バカコアラです。

東京での1人暮らしはなにかといりようです。

基本的に物価が高いですし、

その辺のシアトル系かっこいいコーヒーを飲んだら数百円とられます。

正直つらいと思います。

そこで家賃を抑えましょう。

5万以下!!

 いやいや、無理でしょ。東京だよ?

ええ。そうですね。

僕もそう思ってました。

当時僕も上京したてのころ、2010年に来た頃は
死ぬほど不動産屋さんにバカにされました。

「いやいや、日本の首都、「東京」で、5万?!バカなの?死ねよ。」

みたいな心の声が聞こえてきました。

あ、あと「これだから田舎者ははあ~あ」も聞こえてきたかな。

あ、あと、「田舎者は田舎に帰ってもらえます?東京が汚れるんで」

も聞こえたかも。

僕「わかりましたよ!もう二度と来ませんよ!うえーん。゚(゚´Д`゚)゚。」

って何度も思いました。被害妄想含む。

でもちゃんとあったんです!

5万以下!
でも超快適です。
風呂トイレもちろんあり。(ユニットだけどね!)
室内に洗濯機。
せまいけど1K。
自転車、原付置き場あり。しかも台数制限なし!
(現在チャリ2台、原付1台置いてます。実際そんなにいらないけど。。。)

探せばちゃんと見つかります!!

しかも3月の終わりごろ。

もうほとんど物件が埋まっているころに。

じゃあどうやって見つけるの?って具体的な話なんですが、

まず、

1.ど真ん中はさすがに無理!

さすがに山手線の真ん中で5万以下で満足のいく物件は難しいです。

シェアハウスならともかく。

完全なワンルームだと難しいと思います。

なので、ちょっと外します。

でも大幅に外すとたぶんこれをご覧の皆さんの勤務地なり、通学地?学校から

離れちゃうと思うので、それもなし。

バランスがいいのが、山手線の円のちょっと外です。ふわーっと外側です。
具体的に

僕のオススメは東中野です。

圧倒的に東中野オススメです。

立地的にもふわーっと外側の新宿から総武線で2駅。

住む場所によっては中野までチャリで行けたり、新宿までチャリで行けたり、

新大久保まで歩いて行けたりします。

究極のオススメは東中野駅周辺でも神田川の新宿側。

なんでかっていうと住所が新宿区になります。かっこいいでしょ?

いろんな申込書で住所書くときに新宿区って書くと

なんか俺、新宿に住んでるんだぜ。かっこいいだろって

思うのは僕だけでしょうか。

僕だけですね、この辺が田舎から出てきたものの性ですね。

まあそれはおいといて。

新宿側に住んだ方がより新宿に近づくので物理的に便利なのです。

ちょっとチャリに乗ればすぐ新宿に着きます。

やっぱり都心に近いというのはいろいろ便利で、

デートにしろ、バイトにしろ、なんにしろ融通が利きます。

なんで東中野!特に神田川の新宿側!がオススメ!

今は桜もキレイ!

f:id:positivethinkingood:20170408154619j:plain

2.何件も不動産屋さん回る!

これは定番ですね。

たぶん逆の意見もあると思いますけど。

でもやっぱり何件も見た方がいいと思います。

納得いくまで探した方がいいです。

たとえ不動産屋さんにバカにされようとも!

コツとしてはやっぱり住みたい駅を決めて

その周りの不動産屋さんを順番に回っていくのが

いいと思います。

ほとんど業務用のスーモを見て案内されるんですけど、

中にその不動産屋さん独自の物件みたいなのがあるので、

それが出てきたら要チェックです。

スーモだとPCから出力して持ってくるんですけど、

もう印刷してある物件の用紙が出てきたら

独自のやつくさいです。(そりゃそうだ)

3.妥協点を決める

家賃5万以下なんでさすがになんでもありは無理です。

上に書いた僕が住んでた家も一見なんでもありますが、

収納がありません。

なので、もので溢れかえっています。

あと築年数がかなり経っているので全体的に汚いです。

でも僕は汚さは自分で掃除すればなんとかなるわー。
収納ないなら物減らそー。
っと思って決めました。(結果無理でしたけど)

そういう妥協点を決めることが重要です。

僕と同じように掃除すればなんとかなるから汚くてもよいとか。

ミニマリスト目指してるんであえて、収納は、自分いらないっす。とか。

運動したいからちょっと駅から離れるとか。

チャリも原付も使わないから置き場はいらないとか。

和が好きなんで畳上等とか。

ユニットバスでもいいよーとか。

なんかここは譲れるなーっていうのを何となくでも決めといた方がいいです。

逆にここは譲れないも決めといた方がいいです。

4.値下げ交渉必須。

100%下がります。

僕は家探しの際、たくさんの不動産屋さんを回っていいなあと思った物件が

あったら必ずもう少し下がればって話して、値下げ交渉してきました。

下がらなかったことは一度もありません。

やっぱり大家さんとしても空き部屋として

置いとくよりは誰かに住んでもらった方がいいので、

交渉すれば結構下がるもんです。

そしてほとんどの人がやってることなので、気にせず交渉しましょう。

5.絶対に予算より上の物件を見ない!

これ重要!めっちゃ重要!!!

だって予算より上の物件は確実によく見えますから!

そらそうですよ。

外見、内装オシャレだったり、

妥協したところが全部揃ってたりするわけですから。

しかも

「あー、5000円プラスかあ、ちょっとバイトの時間増やせばなんとかなるかなー」

とか考えちゃうわけです。

いやいや、ちょっと待って下せい!!

1年は12カ月それかけることの5000円で年間6万円の差になるわけですよ!!!

6万あったら、旅行行けるし、本買いまくれるし、おいしいごはん食べられるし、

できることがたっくさんあるわけです。

そういうオシャレさとかは5万以下の物件を求める僕らには無縁のもの!!

そんなもんは何か自分が一門の人間になってから初めて求めればいいものです。

自分が何もなしてないと思ううちは家なんて住めればいいのです。
アンチおしゃれ!!

というわけでまとめてみました。

他にも1階がいいよとかあるわけですけど、

とりあえずこの5つに気を付けて探してみるのがいいと思います。