仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

友川カズキの絶対にオススメしたい曲3つ!まさにフォークの神様!!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20170416120301j:plain

かわいそうなコアラとかわいそうな人間に歌います。

バカコアラです。

 

今回はフォークの神様こと「友川かずき」さんを紹介したいと思います。

出会ったきっかけはナイティナインのオールナイトニッポンでした。

それ以来、元気がなくなったり、ちょっと落ち込んだり、

勢いがほしい時に聞いています。

現代のJ-POPに一石を投じられる、

本物のフォークであり、ロックであると思います。

個人的にオススメの曲を3曲選びました。

 

 まずフォークの神様「友川カズキ」さんについて

おそらくなかなか初見で知っている人は少ないと思います。

まずはwikiから

友川 カズキ(ともかわ かずき、1950年2月16日 - )は、日本の歌手競輪評論家、画家である。本名:及位 典司(のぞき てんじ)。2004年に「友川かずき」から現在の表記へと改めている。

(出典:wikipedia

神様は競輪好きです。

昔、ナインティナインのオールナイトニッポンにゲスト出演した時も

競輪が好きだと話されてました。

フォークの神様といわれるゆえんはその独特な歌い方にあると思います。

まさに魂の叫び。

自分の想いを、命を削りながら叫ぶ、

それが友川カズキさんの最大の魅力だと思います。

まさに百聞は一見に如かずです。

1度見てもらえればその魅力がわかります。

ではオススメ曲の紹介です。

「生きてるって言ってみろ」


友川カズキ/生きてるって言ってみろ

激熱です。

これぞ友川カズキさんです。

最後まで見てもらえばわかると思うんですが、

あまりに激しすぎてギターの弦が切れてます。

あと、ギターのピックが当たる側面の部分が明らかに剥げてます。

友川さんがいかに魂をこめて歌っているか、よくわかると思います。

友川さんは言葉を発するときに気持ちが勃起しないと発せないとのこと。

まさにこの曲は勃起しっぱなしという感じですね。

「トドを殺すな」 


トドを殺すな/友川かずき

セリフからはじまるこの曲。

友川さん曰く、この曲は、

漁師に網を破るという理由で射殺されて、

岸壁に山のように打ち上げられたトドたちを見て、

当時の学生運動をやってる人間たちと重なって見え、

このままでは成仏できないんではないだろうかと思い、

作ったそうです。

その想いが勃起して「俺たちみんなトドだぜ」と叫ばせたんでしょう。

「無残の美」


友川かずき「無残の美」

友川さんには弟さんがいました。

しかし、その弟さんは線路に飛び込み自殺されてしまいます。

歌詞の中に「阪和線~」

とはっきり地名まで出てきます。

友川さんはそんな弟さんの死を美しいと思ったとこの歌の中で仰っております。

僕が思うに、友川カズキという人は僕らのような凡人ではとても考えもつかないような感性で生きているんだと思います。

そもそものモノの見方、捉え方が違う。

だからトドを見て、機動隊や学生運動の学生たちに見えるし、

弟の死を見て、美しいと表現できるんだと思います。

そして冒頭で

「詩を書いた位では間に合わない 淋しさが時として人間にはある」

と出てきます。

弟さん、本名「及位覚(のぞき さとる)」さんは詩を書いていたようです。

詩を書くことで己を少しでも表現しようとしていたのか、

そうして言葉にすることで、虚しさや、寂しさが具体的な文字として

見えて、耐えきれずに投身自殺してしまったのかはわからないですが、

この曲を聴いていると「美」という感性と共に、やっぱり「寂しさ」や「虚しさ」も伝わってくる気がします。

まとめ

友川かずきさんのオススメの曲ということで書いてみました。

他にも「ワルツ」とか友川さんが歌ってるわけではないですが、

ちあきなおみさんに提供された「夜を行く人」もオススメです。

この「夜を行く人」もセリフからはじまるのですが、

まさに友川ワールドです。

最近のJ-POPに対して、なにも特に思ってませんが、

しかし、友川さんのような歌い手がもっと注目されもいいのになあと

思います。

 

こちらもぜひ