仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

TREZOR(トレザー)の使い方!ウォレットの初期設定から対応通貨まで徹底解説!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20180203012036p:plain

自分の資産は自分で守りましょー!

ということで

本日はハードウェアウォレット

「TREZOR(トレザー)」

の使い方をご紹介します。

 

ハードウェアウォレットって聞くと

「なんか難しそう」とか

「ややこしいんでしょ」

って声が聞こえてきそうですが

そんなことないです。

 

こんなものは

所詮たまごっちみたいなもんです。

 

てか大きさだけでいえば

たまごっちより小さいです。

 

あんまり身構えずにやっていきましょ!

 

ちなみに買い方はこちら!

関連記事:TREZOR(トレザー)の買い方!海外公式サイトから直接買う方法を簡単解説!

 

 

1.TREZOR(トレザー)を開封しよう!

f:id:positivethinkingood:20180130194043j:plain

ほいっ!

これがTREZOR!

 

届きましたら

包装のビニールを破りまして

まずは上下に封印シール

貼ってあるかどうか確認しましょう。

 

貼ってなかったり

剥がされた形跡があったら

TREZORのサポートへ

連絡しましょう。

 

確認できたら開封。

 

ですが

TREZORは恐ろしく硬い

のり付けがしてあります。

 

それを何とか

無理やりこじ開けてください。

 

開いたときは

こんな感じになります。

f:id:positivethinkingood:20180130194805j:plain

必ずボロボロになるので

TREZORを一度開封して

ウイルスを仕込んで再び封印というのは

ほぼできません。

 

安心ですね。

 

中身はこんな感じ。

f:id:positivethinkingood:20180130195316j:plain

  • TREZOR本体
  • PCとの接続ケーブル
  • リカバリーシードを写す紙×2
  • ストラップ
  • 英語のマニュアル
  • ステッカー×4

しっかり中身が揃ってるか確認しましょう。

 

確認できたら

いよいよTREZORを

PCにつないでいきます!

 

2.TREZOR(トレザー)の初期設定

2-1.「TREZOR Extension」をダウンロードしよう

TREZORとPCをつないだら

まずは

Googlechrome

TREZOR Wallet

にアクセスしましょう。

 

アクセスすると

下の画面になります。

f:id:positivethinkingood:20180130202201j:plain

「Install Extension」をクリック。

 

すると

chrome拡張機能

ダウンロード画面になります。

f:id:positivethinkingood:20180130202730j:plain

右上CHROMEに追加」をクリック。

 

f:id:positivethinkingood:20180130202810j:plain

「アプリを追加」をクリック。

 

無事に追加されて

TREZORがPCにつながった状態なら

勝手にアプリが立ち上がるはずです。

 

f:id:positivethinkingood:20180130203004j:plain

もし立ち上がらなかったら

Googlechromeの左上

お気に入りの左端にある

「アプリ」

をクリックして

表示されたアプリの中にある

「TREZOR Extension」

をクリックして立ち上げてください。

 

2-2.ファームウェアアップデートをしよう

するとこんな画面が出ます。

f:id:positivethinkingood:20180130232612j:plain

ファームウェアアップデートをしましょう!

ということです。

 

これは当然「Yes,install」をクリック。

 

で、ここで少し前までは

ファームウェアの指紋を確認してください」

と表示されて

画面に表示される英数字の文字列と

TREZORの端末に表示される文字列とが

同じであるか確認する作業があったんですが

今はないみたいです。

 

僕は2018年になって

2台初期設定しましたが

2台とも文字列の確認はありませんでした。

 

なので

「Yes,install」を押して待ってると

勝手に終わります。

f:id:positivethinkingood:20180130233550j:plain

PCにはこの表示が出ます。

 

TREZOR本体には

「New firmware successfully installed.

You may now unplug your TREZOR」

と、この文章が表示されます。

 

そしたら無事に

ファームウェアアップデート」完了です。

 

1度PCからTREZOR本体を抜いて

もう1回さしてください。

 

2-3.TREZORに名前をつけよう

すると画面が切り替わります。

f:id:positivethinkingood:20180130233643j:plain

次はTREZORに名前をつけます。

 

なんにでも名前は必要ですからね。

自分で区別しやすい名前をつけてあげましょう。

アルファベットでも漢字でも大丈夫です。

あとで変更も可能です。

 

名付けられたら「Continue」をクリック。

 

2-4.PINコードを設定しよう

f:id:positivethinkingood:20180203060441j:plain

さて次はPINコードの入力です。

パスワードみたいなものですね。

 

いやでも全部点じゃん( ゚Д゚)!

 

安心してください。

数字のレイアウトは

TREZOR本体の方に表示されてます。

f:id:positivethinkingood:20180130234540j:plain

この数字の表示されてる場所を

PC上でクリックすると対応する数字が

入力されていきます。

 

f:id:positivethinkingood:20180203060639j:plain

最低でも7文字以上の数字にしましょう。

7文字入力すると

「Strong enough!」

と表示が出ます。

 

実験してないですが

この数字かなり長く入力できるみたいです。

画面には...で表示されていきますが

ちゃんと入力されてるみたいです。

最低でも15文字までは入力できました。

 

セキュリティにこだわる人は

めっちゃ長く設定しても

いいかもしれません。

ただし忘れないようにしないと

いけないですけどね。

 

1回入力したら確認でもう1回入力しますので

合計2回PINコードを入力してください。

 

その時に注意するのは

TREZORの方の

数字のレイアウトが

毎回変わってますので

注意してください。

 

終わったら次。

 

2-5.リカバリーシードをメモしよう

リカバリーシードとは

TREZORを壊してしまったり

失くしてしまったりした時に

設定内容を復元する

めちゃくちゃ大事なものです。

f:id:positivethinkingood:20180130235709j:plain

この画面が表示されたら

TREZORの端末を見てください。

 

f:id:positivethinkingood:20180131011305j:plain

こんな感じで英単語が表示されてるはずです。

 

これを付属のリカバリーシードを写す紙に

1~24まで1つずつメモっていきます。

 

1つ写したら「Next」の下

右側のボタンを押して

次の単語を表示。

 

24個目までいったら

「Next」のところが

「Again」に変わるので

もう一度1つ目から確認していきましょう。

 

全部で2回しか表示されないので

慎重に書き写していってください。

 

書き写したメモは厳重に保管しておきましょう。

 

これを失くすと万が一の時に

設定内容が復元できなくなって

通貨を取り出せなくなります。

絶対に失くさないでください!

 

全て書き写しが終わって

確認も終わったら下の表示が出て

設定完了です。

f:id:positivethinkingood:20180131001437j:plain

 

2-6.リカバリーできるか試そう!

ぶっちゃけこれは

やってもやらなくてもいいです。

 

さっきメモしたリカバリーシードが

本当に使えるか確認しようってことです。

 

絶対にメモにミスはない!

という人はやらなくてもいいですし

いざ復元しようと思った時に

できなかったら怖い

という人は

実際に使用し始める前に

一度リカバリーしておきましょう。

 

TREZOR Walletにアクセスして

TREZORをPCにつないだら

ウォレットのトップ画面が表示されるはず。

f:id:positivethinkingood:20180131011937j:plain

表示されたら

「Advanced」をクリック。

 

すると画面が切り替わりますので

そのまま下へスクロール。

f:id:positivethinkingood:20180131012100j:plain

すると

「端末を消去する」

という物騒なボタンがあります。

これをクリック。

 

f:id:positivethinkingood:20180131012136j:plain

クリックすると

この表示が出ますので

TREZOR本体を確認しましょう。

 

f:id:positivethinkingood:20180131012242j:plain

「ほんとに消していい?

全部のデータ消えちゃうよ?」

って書いてあります。

 

今回はリカバリーできるか試してるので

消しちゃいましょう。

右側のボタンを押してください。

 

f:id:positivethinkingood:20180131012350j:plain

はい、消えた!

 

したら

一回TREZOR本体を抜いて

もう一度さしてください。

f:id:positivethinkingood:20180131012441j:plain

名付けの時と同じ画面が出ます。

 

今回は右側の

「TREZORリカバリ

をクリック。

 

f:id:positivethinkingood:20180131012537j:plain

端末の名前だけ入力したら

何もいじらず「Continue」

をクリック。

 

f:id:positivethinkingood:20180131012632j:plain

さあこっからリカバリーシードを

入力していきましょう。

 

TREZOR本体を見ると

f:id:positivethinkingood:20180131012717j:plain

このように何番目の単語はなんですか?

と聞いてきます。

 

画像の場合は16番目の単語を聞いてますね。

 

これを先ほどのメモを見ながら

PCの方で入力していきます。

 

24個ランダムで聞かれますので

全部入力します。

 

全て間違いなく入力し終わったら

PINコードの入力を求められます。

 

最初と同じPINコードを入力して

無事にログインできたら復元完了です。

 

3.TREZORの使い方!

3-1.受信(入金)の仕方

まずTREZORの対応通貨は

以下の通りです。

このうち

イーサリアム

イーサリアムクラシック以外は

全部TREZORのウォレット画面で管理できます。

 

イーサリアム関連は

「MyEtherWallet」

連携させて管理することになります。

 

そのやり方は後ほど解説します。

 

まずは

イーサリアム以外の

TREZORのウォレット画面で

管理できる通貨について解説します。

 

例としてビットコインで解説していきます。

 

まずは

TREZORのウォレット画面を見てください。

f:id:positivethinkingood:20180202202104j:plain

左上のところで

受信したい通貨を選択しましょう。

 

クリックするとこうなります。

f:id:positivethinkingood:20180202202243j:plain

今回はビットコインを受信するので

「Bitcoin(BTC)」を選択。

 

次は

TREZORの

ウォレット画面の「受信」をクリック。

f:id:positivethinkingood:20180202202355j:plain

 

すると画面が切り替わります。

f:id:positivethinkingood:20180202202415j:plain

「Show Address」をクリック。

するとPINコードの入力を求められるので

入力してください。

入力が終わったら次。

 

f:id:positivethinkingood:20180202202449j:plain

「TREZOR本体を確認してね」と出ます。

確認してみましょう。

 

f:id:positivethinkingood:20180202202520j:plain

ビットコインのアドレスが表示されています。

「Continue」の下の右側のボタンを押すと

PC画面の方でも表示されるようになります。

 

これでPCの画面に

ビットコインのアドレスとQRコード

が表示されるはずです。

f:id:positivethinkingood:20180202203055j:plain

ここに

取引所や他のアドレスから

ビットコインを送金すればOK!

 

「取引所からの送金ってどうやるの?」

という方は

zaif(ザイフ)からの送金方法であれば

こちらで解説してますのでご覧ください。

関連記事:zaif(ザイフ)取引所の登録~使い方、コイン積立の設定まで超簡単に解説!

 

ちなみに他のコインもやり方は同じです。

 

ただ

ライトコインだけは注意が必要で

ライトコインのアドレスは

  • 3から始まるSegwit対応アドレス
  • Mから始まるSegwit対応アドレス

この2つがあります。

TREZORでは

ビットコインアドレスとの混同を

避けるために

Mから始まるSegwit対応アドレスが

表示されています。

 

もし

Mから始まるアドレスに対応していない

ウォレットなどから送金する場合は

P2SH Converterを使って

アドレスを3から始まるものに

変換して使ってください。

 

3-2.送信(送金)の仕方

さて

次は送信の仕方を解説します。

 

まずは

先ほどと同じく

TREZORのウォレット画面の

左上で「Bitcoin(BTC)」を選択しましょう。

そして今度は「送信」をクリック。

f:id:positivethinkingood:20180202210720j:plain

 

すると画面が切り替わります。

f:id:positivethinkingood:20180202210949j:plain

基本的な使い方は

取引所の送金画面とかと同じです。

 

送りたいアドレスを入れて

送る数量を入れて

「Send」をクリック。

 

「USD」のところは「JPY」

日本円表示にも変えられます。

クリックすると選択できるので

日本円の方が見やすい人は変えてください。

 

「FEE」のところは

高、普通、エコノミー、低、Custum

がありますが

これは送金手数料ですので

高ければ高いほど早く着金します。

 

急ぎであれば「高」に。

特に急いでなければ

「普通」でいいでしょう。

 

あとは「Send」を押すと

「TREZOR本体の方も確認してください」

と出るのでTREZOR本体の方も

確認しましょう。

 

4.MyEtherWalletとの連携方法

それでは

イーサリアム関連の通貨について

解説していきます。

 

イーサリアム関連は

TREZORのウォレット画面では

管理できないので

「MyEtherWallet」

と連携させて管理します。

 

まずは

TREZORのウォレット画面の

左上のところをクリックして

「Ethereum(ETH)」を選択します。 

f:id:positivethinkingood:20180203003847j:plain

 

すると画面にこんな表示が出ます。

f:id:positivethinkingood:20180203003936j:plain

色々書いてありますが

つまりは

イーサリアムのウォレットは

MyEtherWalletと連携してやってます。」

ってことです。

 

「Go to MyEtherWallet」

をクリックしてください。

 

すると

「MyEtherWallet」のページに飛びます。

 

もし日本語表示になっていなかったら

f:id:positivethinkingood:20180203015259j:plain

上のところで

「日本語」を選択して変更しましょう。

 

f:id:positivethinkingood:20180203004249j:plain

「TREZOR」にチェックを入れて

「TREZORに接続」をクリック。

 

すると

秘密鍵をエクスポートするか

聞かれます。

 

物騒な響きですが

エクスポートしないと

イーサリアムを管理できないので

「Export」をクリックしてください。

f:id:positivethinkingood:20180203004432j:plain

 

すると画面が切り替わります。

 

f:id:positivethinkingood:20180203004937j:plain

上のところは

TREZOR(ETH)の表記が

入ってるところにチェックを。

イーサリアムトークンも同じです。

 

イーサリアムクラシックの時は

TREZOR(ETC)と書いてあるものに

チェックを入れてください。

 

下のアドレスはどれでもいいです。

 

1つのTREZORで

5つのアドレスを管理できます。

お好きなものをお使いください。

f:id:positivethinkingood:20180203005257j:plain

選択したら

「お財布をアンロック」をクリック。

 

すると画面が切り替わります。

f:id:positivethinkingood:20180203005339j:plain

ここでイーサリアムの管理を行います。

 

4-1.MyEtherWalletでの入金方法

このアドレスに

イーサリアムを入金する時は

右側にある

「アカウントアドレス」に送金してください。

イーサリアムトークンも

同じアドレスで大丈夫です。

 

例えば

TRONとか

Binance(バイナンス)のBNBトークンとか

イーサリアムトークンは全て

この「アカウントアドレス」に送金してください。

 

入金されたイーサリアムトークンは

トランザクション履歴のところで

確認できます。

f:id:positivethinkingood:20180203021556j:plain

「ETH」でも「Tokens」の方でも

どちらでも確認できます。

 

簡単にパッと見れるのは

「Tokens」の方ですね。

 

4-2.MyEtherWalletでの送金方法

送金方法は簡単です。

宛先アドレス、送出数量を入力して

トランザクションを生成」をクリック。

 

そのあと

TREZOR本体でも

送金の確認を求められるので

本体の方もチェックしましょう。

 

ガスリミットは手数料ですが

基本的にはそのままで大丈夫です。

 

イーサリアムトークンを

保有してる場合は

「送出数量」のところのETHを変えると

他のイーサリアムトークンも送れます。

 

送れますが

保有してるだけでは

選択肢に他のイーサリアムトークンが

反映されないので

追加方法を解説します。

 

4-3.イーサリアムトークンの追加方法

イーサリアムであれば

「送出数量」のところで

そのままETHを選択して

送金できるんですが

イーサリアムトークンは

追加してあげないと

選択肢に反映されません。

 

追加の仕方を解説します。

 

まずは

「MyEtherWallet」の管理画面を

ちょっと下にスクロールします。

 

すると

トークン残高」

という項目があります。

f:id:positivethinkingood:20180203024347j:plain

ここの「Show All Tokens」をクリック。

 

すると

下にズラっとトークン名が出てきます。

f:id:positivethinkingood:20180203024500j:plain

追加したいトークン名を

見つけてクリックしましょう。

それで簡単に追加できます。

 

ただし!

MyEtherWalletも

世界にある全イーサリアムトークンを

ここに表示してるわけじゃありません。

 

まだ対応できてないトークンもあります。

 

そういうものは

手動で追加していきます。

f:id:positivethinkingood:20180203024826j:plain

「カスタムトークン」をクリック。

 

すると表示が切り替わります。

f:id:positivethinkingood:20180203024900j:plain

を入れる画面になります。

 

はあ( ゚Д゚)!?

 

大丈夫です。

落ち着いてください。

 

どこにこの情報があるかですが

トランザクション履歴のところの

「Tokens」をクリックしてください。

f:id:positivethinkingood:20180203025045j:plain

 

すると別タブが開きます。

f:id:positivethinkingood:20180203025129j:plain

開いた画面の右側に

「Token Balances」

と表示があり

保有してるトークンが

表示されてるはずです。

 

ガッツリ塗りつぶしてますが

本当は保有してる数量なんかが

表示されてます。

 

ここで手動で追加したいトークン名をクリック。

 

すでに追加されてますが

今回はTRONを例に解説。

 

「Tronix」をクリック。

 

すると下の画面になります。

f:id:positivethinkingood:20180203030545j:plain

ここに表示されてる

赤枠で囲んだものが

 

  • Contract→トークン契約アドレス
  • Symbol→トークンシンボル
  • Decimals→ケタ数

 

 それぞれの情報です。

 

これを先ほどの

カスタムトークンのところに入力して

「保存する」をクリックします。

 

これで

手動でのトークン追加完了です。

 

「Show All Tokens」

表示されないトークンは

すべてこうやって

手動で追加していきます。

 

追加が完了したら

無事に反映されてると思うので

送金する時は

「送出数量」のところの

ETHを変更して送金してください。

 

5.まとめ

まとめると・・・

使い方は全然難しくないので

取引所保管はやめて

ハードウェアウォレット買おう!

となります。

 

一見使いずらそうですけど

使ってみるとそんなことないです。

 

全然簡単です。

 

値段も1個1万円くらいなので

大量に仮想通貨を保有してる人は

絶対使った方がいいです。

 

これがあれば

本体が盗まれない限り

たとえ本体が盗まれても

PINコードとリカバリーシードが

わからない限り

仮想通貨を盗まれることはありません。

 

現状、ハードウェアウォレットが

仮想通貨を保管するには最強です。

 

まだ使ってないあなた!

ハッカーはあなたの資産を狙ってますよ!!

 

守ろう!自分の資産!自分の手で!

以上です!

海外公式サイトでTREZORを買う

 

ちなみに!

 

アルトコインの両替手数料激安

Changelly(チェンジリー)

使ってますか?

 

アルトコインを購入するなら

両替手数料が激安ですのでぜひ。

関連記事:Changelly(チェンジリー)の使い方!手数料?登録?超簡単に解説!

 

こちらもぜひ!

仮想通貨投資の始め方!超初心者が稼ぐための1番簡単な方法!

Bankera(バンクエラ)の配当がすごい!日本の銀行よりかなりお得

ビットコインとは何ですか!初心者の人でもわかるよう超わかりやすく解説!

イーサリアム(Ethereum)とは!特徴は?今後の将来性は?超簡単解説!

Lisk(リスク)とは!仮想通貨としての特徴、今後を超簡単に解説!