仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

Verge(ヴァージ)とは!どんな仮想通貨?取引所は?超簡単解説!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20171226231947p:plain

最近、価格が爆上がりしてる仮想通貨

Verge(ヴァージ)をご存知でしょうか!

 

なんとこのVerge(ヴァージ)

2017年初めから12月までで

価格が約10000倍になっているという

驚異的なコインです。

 

今日は

そんな仮想通貨Vergeについて解説しつつ

どこの取引所で買えるのかとか

超簡単に解説していきます!

 

 

1.Vergeとは

f:id:positivethinkingood:20171226232603j:plain

Vergeとは

プライバシー重視の人向けの

分散化された暗号通貨です。

 

プライバシーのために

複数の匿名ネットワーク

TORやi2Pなどを採用しています。

 

つまり匿名系の仮想通貨ってことですね。

 

coincheck(コインチェック)銘柄でいうと

DashとかMonero、Zcashとかが

匿名系の仮想通貨ですね。

 

 

え?匿名系って?ビットコインとどう違うの?

 

 

 

いい質問ですね!!

 

ビットコイン

ブロックチェーン

すべての取引記録が保存されており

全世界に公開されています。

 

誰でも見れるってことですね。

 

お店に支払いをする時など

取引に透明性が要求されるシーンでは

非常に有効なのですが

逆に公開されている情報から

口座の残高を調べられたり

IPアドレスを見て

身元を特定されたりする可能性が

あるわけです。

 

これはちょっと怖いですよね。

 

そんな問題を解決するために

生まれたのがVergeです。

 

次にVergeの特徴を

解説していきます。

 

2.Vergeの特徴

Vergeの特徴を上げると・・・

  • ①プライバシー保護機能がすごい!
  • ②超高速送金
  • ③あらゆるOSのウォレットがある
  • ④コミュニティがめっちゃ盛り上がってる

という感じです。

 

1つずつ解説してきましょー!

 

①プライバシー保護機能がすごい!

f:id:positivethinkingood:20171226235404j:plain

これは先ほどから書いている通り

Vergeは匿名系の仮想通貨なので

プライバシー保護機能がすごいのは

当然といえば当然なのですが

Vergeのすごいところは

取引記録を公開するか非公開にするかを

ユーザーが取引ごとに選べるところです。

 

どういうことかというと

Vergeはレイス・プロトコル

という技術を使うことにより

匿名性を確保したまま

取引記録を公開できるということです。

 

レイスといっても

特に進撃の巨人は関係ありません。

 

こちらをご覧ください。

f:id:positivethinkingood:20171226173344j:plain

 

こんな感じで

取引を公開しても

非公開でも

あなたがどこの誰だか

ウォルター・Mにはわかりません。

 

これが

レイス・プロトコルの仕組みです。

 

匿名性を確保しつつ

透明性が求められるときには

取引を公開し

透明にしたくない取引

例えば

大人な動画の決済なんかは

非公開にできるというわけです。

 

それを支えているのが

Torとi2Pなどの匿名性ネットワークです。

 

次に

このTorとi2Pについて

解説します。

 

①-1.Torってなに?

匿名通信システムです。

 

難しいことはわかりません。

とにかく

あなたのIPアドレス隠せる

ということです。

 

詳しくは難しすぎて

わからないですが

Torは通信の「経路」

匿名化する技術のようです。

 

詳しく知りたい方はこちら。

gigazine.net

 

①-2.i2Pってなに?

i2P(Invisible Internet Project)

も匿名性を向上させる技術です。

 

これも難しすぎて

詳しくはわからないですが

Torが「経路」を匿名化する技術なら

i2Pは「始点と終点」を匿名化する技術のようです。

 

セットで使うことで

始まりから終わりまで

すべて匿名化することが

できるというわけですね。

 

これによって

レイス・プロトコルの図のように

Vergeの送金経路を

完全に匿名化できるわけです。

 

②超高速送金

なんと平均取引確認時間が5秒!!

 

5秒ですよ!

 

ボルトが100mを走り切る前に

送金できてしまうということです。

 

ビットコインの場合

状況によっては20分くらい

かかったりしますから

5秒というのは破格の速さです。

 

Vergeが実用化を見据えて

開発されているというのが

よくわかります。

 

なぜ5秒で送金できるのかというと

Simple Payment Verification(SPV

という技術を使っているから。

 

詳しくはわかりません!

  

とにかく

Vergeはとても速く送金できる

ということです。

 

速いというのは

それだけで価値があることです。

 

現代人はみんな

スクライド

ストレイト・クーガーのように

速いことに価値を見出しますし

現に速いことは大変意味があることです。

 

人生は有限ですから

送金を待っている時間なんて

ないに越したことはありません。

 

また鬼速いので

ツイッターでVergeを送ったりできます。

 

手順はこうです。

 

1.coincheck(コインチェック)

どこでもいいのでビットコイン

イーサリアムを手に入れる。

 

2.それをBinance(バイナンス)に送る。

 

3.Binance(バイナンス)でVerge(XVG)を買う。

 

3.「@vergetips address」とツイート

 

4.出てきたアドレスに

Binance(バイナンス)から

Verge(XVG)を送金。

 

5.「@vergetips tip @アカウント名 10」とツイート

10のところには送りたいVergeの数量を入れてね。

 

これで完了!

 

③あらゆるOSのウォレットがある

f:id:positivethinkingood:20171226191451j:plain

Verge公式サイトより)

 

デスクトップ用のウォレットだけでも

これだけあります。

 

Windowsはもちろん

Macもありますし

Linux用のウォレットもありますね。

 

さらにandroid用のウォレットもあります。

 

これだけあれば

どんな人でも

Vergeのウォレットを

使うことができるでしょう。

 

ちなみに

ウォレットはVerge公式サイトから

ダウンロードできます。

 

なぜこれだけ

たくさんのウォレットを

開発できるかというと

 

特徴の④

④コミュニティがめっちゃ盛り上がってる

から!

 

④コミュニティがめっちゃ盛り上がってる

Vergeのコミュニティは

ウォレットの数を見てもわかる通り

めちゃくちゃ盛り上がってます。

 

ガンガン開発されていってる

ということですね。

 

バージリスクなんて

マスコットキャラクターまでいますし。

 f:id:positivethinkingood:20171226215335p:plain

 

Vergeはプレマイニングも

ICOもやってません。

 

開発はすべて専門の開発チームが行っています。

Verge公式曰く

「草の根スタイルのプロジェクト」であり

コア開発チームがXVGプラットフォームを改善するため

好きなアニメも我慢しながら

日夜努力しているそうです。

 

NEMモナコインのように

こういうコミュニティが

盛り上がってるコインは

価格も上がりやすいですし

開発もガンガン進んでいくイメージですね。

 

3.Vergeはどこの取引所で買える?

残念ながら

Vergeは国内の取引所では

取り扱いがありません。

 

取り扱いがあるのは

海外の取引所です。

 

いくつかありますが

日本人がVergeを売買するなら

Binance(バイナンス)

一番いいでしょう。

Binance(バイナンス)でVergeを買う

 

海外取引所ですが

日本語に対応しているので

問題なく使えます。

 

もし登録方法など

使い方がわからなければ

こちらをご覧ください。

関連記事:Binance(バイナンス)取引所の登録~使い方まで超簡単に解説!

 

日本の取引所で

取り扱われるようになるのは

もう少し先になるでしょうね。

 

日本の場合は

金融庁のチェックが入りますし

匿名系コインは

その性質上チェックが厳しいようですから。

 

coincheck(コインチェック)

なかなか金融庁の認可にならないのは

匿名系コインのDash、Monero、Zcashを

扱っているからだと言われています。

 

それくらい

匿名系コインに対しての

金融庁のチェックは

厳しいということです。

 

4.Vergeの価格は今後も上がっていくの?

f:id:positivethinkingood:20171227002849j:plain

(VergeのチャートCoinGeckoより)

 

上がっていくでしょう!

 

今年だけでも

約10000倍になりましたし

開発チームとコミュニティも

盛り上がっている様子。

 

これからまだまだ

新規参入者が増える仮想通貨の世界で

もっともっと価格を上げていくと思います。

 

ウイルス対策ソフト

マカフィーの創業者

ジョン・マカフィーさんも

Vergeをオススメしています。

 

簡単に翻訳すると

最近、仮想通貨について

聞かれることが多いんだけど

これからは匿名系コインが来るよ。

Monero(XMR)、Verge(XVG)、Zcash(ZEC)

とかオススメだよ!

と書いてます。

 

昨今、仮想通貨界隈では

ハッキング祭りですからね。

 

マカフィーさんが言うように

これからはこういう

匿名系コインが

天下を取るのかもしれません。

 

5.まとめ

まとめると・・・

Vergeは今一番勢いのある匿名系コイン。

プライバシー保護機能、超高速送金

という特徴があり

コミュニティが盛り上がっているため

今後にも期待できる!

となります。

 

初めて匿名系コインを知ったときは

なんのために使うのか

マネーロンダリングとか

テロ組織御用達?

とか思ってましたけど

最近になってその重要性に

気づきました。

 

ほんとに仮想通貨界隈で

ハッキングが超流行ってます。

 

2017年が仮想通貨元年だとしたら

2018年はハッキング元年

なるかもしれないと言われているほど。

 

そうなった時に

大事なのが匿名性

 

何でもかんでも隠すのではなく

取引内容について

公開、非公開が選べて

それでいて匿名である

って特徴を持つVergeは

まさにこれからの時代の

仮想通貨かもしれません。

 

今は20円前後の価格ですが

2018年終わりには

2000円くらいになってるかも

しれませんね。

 

今100万くらい買っとくと

来年には億万長者かもしれませんね。

Binance(バイナンス)でVergeを買う

 

ちなみに!

Vergeは両替できないですが

手数料激安の両替所

Changelly(チェンジリー)

をご存知ですか?

 

両替手数料が激安ですので

一度お試しあれ。

関連記事:Changelly(チェンジリー)の使い方!手数料?登録?超簡単に解説!

 

こちらもぜひ!

Bankera(バンクエラ)の配当がすごい!日本の銀行よりかなりお得

ビットコインとは何ですか!初心者の人でもわかるよう超わかりやすく解説!

IOTA(仮想通貨)とは?どこの取引所で買える?将来性は?簡単に解説!

Binance(バイナンス)取引所の評判とメリット・デメリットを簡単に解説!

C-CEXの登録~使い方まで超簡単に解説!話題のBitzenyが上場してるよ!