2週間で10キロやせたッ!

a fool Phascolarctos cinereus

「BeyondBlocks東京サミット2018」1日目まとめ!ブロックチェーンの未来は明るいね!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20180404223803p:plain

行ってきました!

Beyond Blocks 東京サミット2018!

 

ざっくりと行ってきた感想などをまとめていきます。

 

 

1.思ったより人が多い!

このイベントブロガーさんの割引を使っても

参加するのに約4万くらいかかります。

 

にもかかわらず!

けっこう人が多かった!

 

ただ、どうやら聞こえてくる話によると

けっこう会社の命令とかで来てる人も多かったみたい。

 

自費で来てるって人の方が

少なかったかもしれないですね。

 

僕はいちブロガーなんで

当然、自分のお金ですけどね!

 

情報料、勉強代としてなら

4万円は全然安いです。

 

さて、そこで実際行って勉強になったのでしょうか。

 

オープニングから順番にまとめていきます!

 

2.bitFlyerの加納さんによる日本のICO規制のお話

 

オープニングの挨拶の後

加納さんのお話が始まったのですが

ここは何とか理解できました。

 

やっぱり日本のお話ですしね。

 

理解できたというよりかは

事実確認って感じでした。

 

1日目はICOについての話題が中心でしたね。

 

この後もICOのお話が続きます。

 

3.パネルディスカッション「各国のICO規制について」

 

 

この辺くらいからちょっと怪しいです。

 

英語は聞き取れないので

同時通訳頼みで聞いてるのですが

ただでさえも難しい仮想通貨の用語を

同時通訳してるわけですから

けっこう通訳が途切れ途切れなのです。

 

そんなわけでなんとなく理解できたのが

上のツイート。

 

各国ともまだICOに関しては

どう規制するか模索中みたいですね。

 

何らかの規制がかかるのは

確実だろうって感じでした。

 

4.WanChain、AllSpark、UTour、GAMEBANKのお話

 

WanChain関連のお話。

 

AllSparkとかは

全部WanChainのプロジェクトの一部のようです。

 

WanChain自体はクロスチェーンのプロジェクトですね。

 

クロスチェーンというのは

ビットコインイーサリアムなどの

異なるブロックチェーン

相互に使えるようにしようということ。

 

例えるなら

PS4でも

ニンテンドースウィッチでも

使えるソフト作ろうよ

ってことです。

 

WanChainのお話も興味深かったですが

もっと興味深かったのがAll Sparkのお話。

 

写真、小説、動画などのコンテンツを

ブロックチェーン上に載せて

制作者と直接やりとりすることで

仲介を挟まずに

著作権料などを支払う仕組み、

だと理解しましたが

微妙に違うかも。

 

でもなんか

ちょっとブロガーとも関係しそうだったので

今後要チェックですね。

 

5.教育系プラットホーム「indorse」のお話

 

教育部門に特化したプラットホームらしい。

 

すでに東南アジアの方で

試してる学校があるとか。

 

うん、factomとはどう違うのだろうか

と思いながら聞いてました。

 

6.ブロックチェーンの歴史とこれからのお話

 

これは結構わかりやすかったです。

 

ブロックチェーン市場は

これからも拡大していく

って感じのお話でした。

 

「グラフとか使って

2014年に一回バブルがあったよねー」

とかこれも事実確認が多かったかな。

 

「金融全体から見れば

ビットコイン市場はたった12%なんだから

これからも成長していくよ」

という感じで終わっていったと思います。

 

7.機関投資家のお話

 

現役のヘッジファンドのおじさまが登壇して

お話してくださいました。

 

2000年代には何億もかかった

自分の遺伝子の確認も

今は1万円くらいでできる。

 

だから

ブロックチェーンの技術も

あと数年すれば

確実に金融の世界を変えていくよ、

技術の進歩は確実で

あっという間だよ

といったお話でした。

 

割とわかりやすかったです。

 

途中、はてなマーク飛びまくりなところもありましたが。

 

8.パネルディスカッション「ICO vs VC」

 

これに関しては

Beyond Blocksの公式にも

ICO vs VCって書いてあったんですが

しょっぱなから対立するものではない

ってバッサリ言い切ってました。

 

結局、ステーキ屋さんで

バーベキューソースを選ぶか

和風ソースを選ぶかの違いだ

みたいなオチになってたと思います。

 

ほんとは

なんかややこしいソースの名前だったんですが

もちろん聞き取れません。

 

とにかく

ICOするかVCを利用するかは

ソースを選ぶのと変わらない

みたいな結論になってました。

 

実際、cobanというプロジェクトでは

両方使っていたようです。

 

ただ、cobanの小林慎和さん曰く

ICOを成功させるには

とにかく製品をしっかり作ることが大切

とのことでした。

 

質疑応答で

ICOしようと思ってるんですけど

どんなトークンにしようか迷ってます」

って質問が出た時の答えです。

 

まあほんとその通りって感じですね。

 

製品がちゃんとしてなかったら

どんなトークンを作っても売られちゃいますからね。

 

結局、トークンに価値がなくなって

失敗してしまう。

 

そうならないために

製品作りを大切にということでしょう。

 

9.まとめ

 

他にもいろいろお話がありましたが

わいが理解できたのはこの辺でした!

 

2日目も頑張って勉強してきます!

 

あ、あと

ティーブレイクが

合間に何回かあるんですが

そのたびに

ちょっとしたおつまみが出てくるんです。

 

それが毎回種類が違って

貧乏性の僕は全部食べなあかん!

と思ってしまい

思いのほかお腹いっぱいです。

 

ただ一緒に出てきたコーヒーは

ビビるぐらいマズかったです!

 

やっぱドリップコーヒー最強ですね!

 

おわり!

 

こちらもぜひ!

仮想通貨投資の始め方!超初心者が稼ぐための1番簡単な方法!

ブロックチェーンの仕組みやコードを学ぶ!素人が8週間でアプリ開発までいけるのか!?①

ビットコインとは何ですか!初心者の人でもわかるよう超わかりやすく解説!

イーサリアム(Ethereum)とは!特徴は?今後の将来性は?超簡単解説!

Lisk(リスク)とは!仮想通貨としての特徴、今後を超簡単に解説!