仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

ホリエモン仮想通貨祭まとめ!仮想通貨はある日突然、普及する!?

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20180708005337p:plain

行ってきました!

ホリエモン仮想通貨祭!

 

けっこうたくさんの人が来てましたね。

堀江さんが出てくる時間から立ち見もめちゃ増えてました。

 

今回はざっくりとその内容をまとめていきます。

 

 

1.第1部初心者向け講習①

初心者向け講習ということで、ミスビットコインこと藤本真衣さんが登壇。

初心者向け講習ではあったんですが、すごい初歩的な内容ということでもなく、少し進んだお話もされてました。

 

仮想通貨の現在の状況とか、そもそも国家が通貨を管理し始めたのは300年くらい前からだとか、そういう基礎的なお話。

 

日本におけるビットコインの取引量の話が面白かったですね。

ビットコインの取引量を年別で見ていくと、中国の規制が始まったところから人民元が急激に減り、日本円がものすごい増えていく。

 

あとは通貨とは皆が通貨と思うものだとか(この話は後の堀江さんの対談のところでも通貨は共同幻想というキーワードが出てきました。)

ブロックチェーンの特徴、シェアリングエコノミーについてお話されていました。

 

シェアリングエコノミーはまだUBERAirbnbなど、中央管理者がいるサービスだけど、そういったC2CのサービスからこれからはP2Pの時代へと移行していくとのことでした。

 

最後に覚えておくべきキーワードとして「共感型資本主義」というのを紹介されていました。

 

ICOは投資と寄付のいいとこ取りであり、今までお金が集まりにくかったところにもお金が行き届くようになる。(企業メリット<顧客メリット)

 

確かにICOって単純に儲かりそうとかで投資する人もいるし、投資することもありますけど、この企画面白そうとか、応援しよう、とか思って参加することもありますよね。

 

そんな風にこれからは共感して、共感してもらって、資金を調達していくようになると。

 

そんでその応援したプロジェクトが上手くいけば自分も儲かるし、なるべく上手くいってほしいから、投資した人たちでコミュニティもできていくと。

 

それがこれからの「共感型資本主義」であるとのことでした。

 

あ、あとほんとに最後に少しだけIOTにも触れていて、ドローンとかAIの普及においてダウンタイムをなくすというのは必須だとお話されていました。

 

これはほんとにその通りですよね。

 

サーバーダウンしたんで、ドローン墜落します!自動運転バグります!じゃ困りますもんね。

 

ダウンタイムを失くすためにはブロックチェーンでノードに分散して管理してもらうことが必要とお話されていました。

 

2.第1部初心者向け講習②

 

 

 

次は藤本さんと大石さんのお話。

 

大石さんはベトナムから遠隔での参加だったので、何度か回線トラブルがありました。

 

そんな中、印象的だったのは、仮想通貨、ブロックチェーンの今後の使われ方のお話。

 

渋滞してる道を通ると課金されたり、空いてる道を通ったら課金されなかったりというのが面白かったですね。

 

そんな風に社会問題を解決するためにブロックチェーンの技術は使われていくと。

 

僕自身、仮想通貨とブロックチェーンが今後どのように使われていくかに興味があったので、この辺は参考になりました。

 

やっぱり仮想通貨とブロックチェーンがすごいのはわかっているし、今後普及していくこともわかってるんですけど、それがどういう形で普及してのかが気になるんですよね。

 

ただ大石さんはそれはわからないとのことでした。

 

94年にネットを使っていた人が今のような多種多様なネット環境を想像できなかったように、今の僕らにブロックチェーンの先を想像することは難しいと。

 

納得しかありません。

 

後半の堀江さんの対談でもやっぱり具体的な普及した姿はわからないとのことでした。

 

3.第2部大石さん・平野さん・堀江さんの対談

f:id:positivethinkingood:20180708141045j:plain

 

 

 

 

堀江さんが開口一番「何しに来てんの?」「ここの人たちは何を聞きに来てるの?」って言ったのは面白かったですね。

 

少なくとも僕は僕より頭のいい人たちが仮想通貨についてどう考えているのかを聞きたくって行きました。

 

そんなところから始まった対談ですが、印象的だったのは通貨は共同幻想であるというのと大岡越前守のお話。

 

通貨は共同幻想であり、本質は人気であり、流動性

その本質にイチ早く気づいていたのが大岡越前守とのことでした。

 

そんでその共同幻想についてはサピエンス全史という本に詳しいのでそれを読め、とのことでした。

 

これですね。

読んでなかったので、速攻でクリックしときました。

 

通貨の本質は流動性であり、その流動性を支えているのが投機。

だから投機自体は悪いことではない(一部の詐欺的な人たちを除いて)

なので仮想通貨に投機マネーが集まることは悪いことではないとのことでした。

 

ほんとにその通りだと思います。

結局、通貨はどこかで使われて流れていかないと価値がないですから。

出口のないお金はただの紙、金属の塊ですし、仮想通貨であればただのデータにすぎません。

 

4.第2部小川さん・堀江さんの対談

f:id:positivethinkingood:20180708141037j:plain

 

 

 

VALU代表取締役小川さんとの対談。

 

印象的だったのは仮想通貨の普及が一気にどこかで来るというお話。

どこかはわからないし、どんな形かはわからないけど、誰かが何かをやらかして一気に普及するだろうとのこと。

 

やっぱり第1部で大石さんがおっしゃっていたように今の段階でどういう風に普及していくは想像できないってことですね。

 

んで、これからLINEペイなどの普及によって日本のキャッシュレス化が進んでいくとのことでした。

手数料0円のLINEペイの普及によって、現金のみでクレカ払いは手数料がかかるから機材を設置しないと言いつつ、本音は現金のみでトレースできないようにして、脱税してるであろう飲食店は脱税できなくなるだろうとのことでした。

 

LINEは仮想通貨取引所も展開してますしね。

小川さん曰く、現行の日本の法律は一方を通すと一方に違反するというめちゃくちゃな状態だから、こういったTポイントとかのポイントがブロックチェーンに乗るのはめっちゃ難しいとのことでしたけど、LINEペイがブロックチェーンに乗っかったら急激に普及するかもしれませんね。

 

あとプログラマはバブル状態でめっちゃ儲かるとのことでした。

 

僕も挑戦しましたけど、めっちゃ難しいんですよね。

でももっかいやってみようかな。

 

5.まとめ

  • 仮想通貨の今後についてはわからない
  • 普及の仕方もタイミングもわからないけど、どこかで急激に普及する
  • 社会問題の解決にブロックチェーンが使われる
  • 通貨の本質は流動性
  • ミスビットコイン藤本さんはめっちゃかわいい

まとめるとこんな感じですね。

 

他にも出展ブースのところでも面白い展示があったりしました。

医療AIとか面白かったですね。

単純にすげーと思いました。

 

今後のブロックチェーンの展開とか予想とかそういうのが気になっていたんですけど、大石さん曰く、まだ94年のネットと同じ段階のようなので、そりゃわからないですよね。

 

急激に普及する時に遅れないようにこれからも勉強していきます。

 

こちらをぜひ!

仮想通貨投資の始め方!超初心者が稼ぐための1番簡単な方法!

GMOコインの登録~使い方、ビットコインFXのやり方まで画像付きで超簡単に解説!

ビットコインとは何ですか!初心者の人でもわかるよう超わかりやすく解説!

イーサリアム(Ethereum)とは!特徴は?今後の将来性は?超簡単解説!

Lisk(リスク)とは!仮想通貨としての特徴、今後を超簡単に解説!