2週間で10キロやせたッ!

a fool Phascolarctos cinereus

虫歯キッカケで糖質制限したら2週間で10キロやせた!糖質制限マジすごい!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20181104230816p:plain

突然ですが、わたくしバカコアラ2週間で10キロやせました。

 

今回はなぜ、2週間で10キロもやせることができたのか。

 

ダイエット中の方の参考になればと思い、やせた方法について書きます。 

 

 

1.キッカケは虫歯!

キッカケは虫歯でした。

 

虫歯になった経緯、そしてそこから復活した経緯はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:歯は削るな!神経は絶対抜くな!ドックベストセメント療法で歯の神経を守った話!

 

虫歯になり、神経を抜かなければならなくなったんですが、どうしても神経を抜きたくない!と思い、必死の思いで検索したところ、この本に行きつきました。

 

 

小峰先生という歯の名医さんが書いた予防歯科についての本です。

 

この本に「糖質をとらなければ虫歯は治る!」と載っていました。

 

もう神経を抜かなければならないくらいの虫歯を抱えていた僕は「そうか!糖質をカットすればこれ以上、この虫歯が悪くなることもなく、治ることもあるのか!」と思い、これを読んだその日から糖質をできる限りカットするようになりました。

 

すると、みるみるうちにやせていったのです。

 

あっという間でした。

 

気づけば2週間で10キロやせていました。

 

後からいろいろ調べてわかったことなんですが、これっていわゆる糖質制限ダイエット」ってやつだったんですね。

 

僕は虫歯を治したい一心でずっと糖質をカットしていたわけですが、知らず知らずのうちに糖質制限ダイエットをやっていたわけです。

 

甘い物や白米が食べられなくて心が折れるという瞬間はありませんでした。

 

そりゃあもう神経を抜かなければならないくらいの虫歯抱えてますからね。

崖っぷちですよ。

 

こうして虫歯をキッカケにして一気にやせられたわけです。

 

2.具体的な献立

そんな虫歯の恐怖の中、僕が何を食べていたのかというと、主に野菜、海藻、大豆製品、肉、魚です。

 

完全に「糖質制限ダイエット」の献立ですね。

 

もっと具体的にいうと

  • サラダ(レタスor水菜or白菜+レモン汁、醬油、菜種油)
  • みそ汁(わかめ、ひじき、小松菜、ほうれん草、たまねぎ、赤みそ)
  • スクランブルエッグ(卵2個分)
  • 鶏肉のガーリックいため(鶏肉、にんにく、塩コショウ、醬油)
  • 豆腐か納豆

こんな感じの献立を毎日食べてました。

 

市販のサラダドレッシングは糖質が入ってる場合もあるので使わず、レモン汁+醬油+菜種油で自作。

 

みそ汁のみそも通常のみそは米麹とか米みそが入っていたりして、糖質高めなので、糖質低めの赤みそを使用。

 

もちろん納豆も付属のタレは使いません。

醬油のみです。

 

あとはとにかく野菜、海藻、大豆製品をたっぷり。

 

これを1日2食、朝晩と食べていたらやせました。

 

1日2食なのは、前からでもともと3食食べる人間ではなかったのです。

 

それも良かったのかもしれません。

 

以前は白米が大好きで1食に1.5合弱食べていました。

完全に白米が中心の献立でしたね。

 

だから余計に一切食べなくなって反動が大きかったのかもしれません。

 

それまでダイエットしようと運動をしたりしていたのですが、この白米を食べなくなっただけでほんとにすぐにやせました。

 

いったいあれだけ運動していたのはなんだったのか。。。

 

夜にランニングしたりとかしていたわけですよ。

 

結局、白米が太る要因だった、ということです。

 

3.食事の時間は1時間以上

急速な血糖値の上昇は虫歯を招くと、上で紹介した小峰先生の本書かれていたので、食事の時間は1時間以上とるようにしていました。

 

そして必ず30回以上噛む。

 

これも合わせて実践していましたね。

 

けっこうYouTubeなんかを見ながら食べていると早食いすることもなく、1時間以上かけて食べられました。

 

あとは食べながら料理を作ると自然と時間がかかります。

 

サラダを作ったら、それを食べながらみそ汁を作り、みそ汁ができたら、それを食べながら肉料理を作る、という感じです。

 

立って食べることもあるので、ちょっと行儀は悪いですが、家の中なので気にしません。

 

緩やかなに血糖値が上がるなら、多少行儀が悪くても構わないのです。

 

ちなみに1時間以上時間が取れない時は朝だろうと夜だろうと食べませんでした。

 

4.現在はさらにストイックに

そしてそれから本格的に糖質制限ダイエットを勉強したり、実際に小峰先生にお会いしてお話を聞いたりして、1日1食、週1回プチ断食、という感じによりストイックになりました。

 

これで辛くはないのか、ということですが、全く辛くありません。

 

まあプチ断食の日は1日何も食べないので、飯テロされたら少し辛いですね。

 

でもそこまで空腹感はありません。

 

こうして糖質制限で1日1食、週1回プチ断食とかやっていると体が糖質中心の体質から脂質をエネルギーに変える体質に変化していくそうです。

 

ケトン体という物質が脂質をエネルギーに変えるそうですが、糖質を摂らないでいるとこのケトン体が増えるんだとか。

 

さらに空腹感を感じる原因は血糖値の上下にあるそうで、血糖値が上がったり、下がったりするときに空腹を感じるらしいです。

 

なので糖質制限で糖質をカットして、血糖値の上下を発生させなければ、空腹感を感じることもないと。

 

結果、1日1食でも辛くないというわけです。

 

5.本気でやせたいひとは「糖質制限

僕の場合、キッカケが虫歯でしたけど、「糖質制限」はかなり効果があるダイエットだと思います。

 

しかも制限するのはあくまで「糖質」だけ。

 

野菜、海藻、大豆製品、肉、魚は食べ放題。

 

カロリーは糖質とは関係ありませんから気にする必要がありません。

 

実際、僕はとりつかれたように糖質をカットしていましたが、カロリーについては考えたことありません。

 

考えたことはありませんが、ただ、あんまり肉、魚が多くなってもそれはそれで良くないので、野菜、海藻中心多めにはしています。

 

一般的な糖質制限ダイエットだと肉、魚めっちゃ食べなさいってありますけど、あまり多く摂取してしまうと「酸性体質」となってしまい、それはそれで良くないのです。

 

どちらかというと「アルカリ体質」を目指した方が、病気、虫歯予防に良いとされています。

 

アルカリ体質になるにはアルカリ性食品を多めに食べた方が良いのです。

 

具体的には

「海藻、野菜、くだもの、きのこ、大豆」ですね。

 

これらを多めに食べた方がアルカリ体質に近づきます。

 

なので肉、魚もいいですが、これらの食品もたくさん食べるようにしましょう。

 

この「たくさん」というのがポイントですよ。

 

カロリー制限でひもじい思いをする必要はないのです。

 

6.まとめ

最後にもう一度、本の紹介をしときます。

 

 

これは予防歯科や虫歯についての本ですが、ダイエットの参考になります。

 

どういった食べ物や食べ方が体にいいのか勉強になるでしょう。

 

あと糖質制限ダイエットについて、勉強するならこの本がオススメです。

 

 

マンガで書かれていて、とても読みやすいです。

 

でも内容はしっかりしています。

 

どちらの本もAmazonkindle読み放題に登録されているので、Amazonプライム会員でさらにkindle umlimitedに登録してる人は月額の範囲内で読めます。

 

kindle umlimited初回30日無料なので、この2冊を読みたい人は無料期間中に読んでしまえばタダで読めます。

 

最後に糖質制限ダイエット」はマジでオススメです!

 

これまでどんなダイエットを試してもダメだった人はぜひチャレンジしてみてください!!