2週間で10キロやせたッ!

a fool Phascolarctos cinereus

NEM(ネム)とは!どんな仮想通貨?取引所は?カタパルト?超簡単に解説!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20180104212655p:plain

服のサイズNEMネム)やねん。

 

でお馴染みのNEMネム)!

 

いや、全然関係ないですが

最近価格を上げてる仮想通貨の

NEMネムです。

 

今日はそんなNEMネム)について

寒いギャグを連発

どんな仮想通貨なの?

カタパルトってなに?

どこで買えるの?

ってとこまで

超簡単に解説していきます!

 

 

1.NEMネム)とは!

f:id:positivethinkingood:20180104213159j:plain

NEMネム)とは

New Economy Movement

(新しい経済運動)

の略で富の再分配、平等といった理念に基づき

新しい経済圏を生み出すことを目標としています。

 

どでかい目標でんな( ゚Д゚)。

 

通貨の単位はXEM(ゼム)

 

NEMは技術の名前で

そのうえで動くお金がXEM(ゼム)です。

 

わかりにくければ

日本円をJPYと表すようなものだと

思ってください。

 

国内でも

zaif(ザイフ)

coincheck(コインチェック)

で取り扱いのある

超有名なアルトコインですね。

 

アルトコインとは

ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

 

ビットコイン以外の仮想通貨は

すべてアルトコインです。

詳しくはこちら。

関連記事:主なアルトコイン12種類の特徴まとめ!【超初心者用】

 

富の再分配、平等っていうけど

どれくらいのすごいの(;´Д`)?

って話なんですが

聞いた話では

ビットコインガラケーとすると

NEMスマホになる

それくらい技術に差があるらしいです。

 

ほー。NEM

なんかすごそうやん。

 

そんなNEMのすごいところがこちら。

  • Proof-of-importanceを採用している!
  • マイニングではなくハーベスティング
  • 送金が鬼速い!
  • コミュニティがめちゃ盛り上がってる!

1つずつ解説していきます。

 

2.NEMのすごいところ!

2-1.Proof-of-importanceを採用している。

f:id:positivethinkingood:20180104214043j:plain

Proof-of-importanceというのは

取引記録の承認方法のことです。

 

仮想通貨では基本的に

真ん中に管理・運営してる人がいません。

 

取引に参加してる人たちで

管理・運営しています。

 

なので

1つの取引があった時に

それを不正な取引であるか

ちゃんとした取引であるか

確認して承認するのも

参加してる人たちです。

 

この承認作業をビットコインでは

「マイニング」といいます。

 

マイニングについて

詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:マイニングとは何ですか?仮想通貨を掘る?超わかりやすく解説!

 

このマイニングの仕組みとして

ビットコイン

Proof-of-workという仕組みを採用しています。

 

確認作業自体を難しくして

スパコン並みのパソコンがないと

確認できないようにしているのです。

 

そうすることによって

悪い人たちが攻撃しようとしても

かなりハイスペックなパソコンがないと

攻撃できないため

攻撃したくても攻撃できないし

そんなパソコンが用意できるなら

「マイニング」した方がマシ

という状況を作っています。

 

こうして悪い人の攻撃から

守ってるわけですね。

 

Proof-of-workにはこうした

メリットもありますが

マイニングをしようと思ったら

ハイスペックなパソコンが必要なため

一般の人は参加することができません。

 

マイニングをすると

一定の報酬がもらえるのですが

ビットコインをマイニングできる人たちは

限られているので

ごく一部の機材を揃えられるお金持ちだけが

マイニングして、報酬を受け取っている状態です。

 

お金を持ってる人たちが

ガンガン資金を投入して

ハイスペックなパソコンを買い

大量に稼働させ

ガンガンマイニングして

儲けていく。

 

言ってしまえば

お金持ちがさらにお金持ちに

なっていく仕組みがProof-of-work

ということです。

 

これはあかんやろ

ということで

出てきたのがNEM

 

そして

Proof-of-importance

 

Proof-of-importanceの場合

どうやって

取引記録を承認しているかというと

NEMへの貢献度で承認する人を

ランダムで選び

その人に承認してもらっています。

 

こうすることで

貢献度さえ高ければ

スパコン並みのパソコンがなくても

承認作業ができるようにしているのです。

 

貢献度って具体的になに?

ってことなんですが

それはNEM保有

取引の額、取引回数

これらを総合的に見て

貢献度は判断されているそうです。

 

そして

NEMではこの承認作業のことを

ハーベスティングと呼んでいます。

 

2-2.マイニングではなくハーベスティング

f:id:positivethinkingood:20180104215638j:plain

ざっくりいうと

ビットコインの場合は

取引記録を承認することを

「マイニング(採掘)」と呼んでいます。

 

承認作業をした報酬として

新たにビットコインが発行され

その承認作業をした人に与えられるからです。

 

新たに発行という流れが

金山から金を掘り出すようなので

「マイニング(採掘)」と呼ばれています。

 

NEMの場合は

はじめに発行上限枚数の

8,999,999,999XEMを

すべて発行しているので

新たに発行されることはありません。

 

では承認作業をした人たちは

どうやって報酬を得るのか。

 

取引手数料がそのまま

承認作業をした人たちの報酬となります。

 

つまり

新たに生まれてきたNEMではなく

すでにあるNEMが報酬になるということです。

 

なので

採掘ではなく

ハーベスティング(収穫)」

すでにそこにあるものを

収穫するということですね。

 

マイニングをやるためには

スパコン並みのパソコンが必要ですが

ハーベスティングには必要ありません。

 

必要なのは

普通のパソコンと10,000XEM。

 

ハーベスティングNEMへの貢献度によって

ランダムで承認者を選ぶので

まず10,000XEM持っていないと

貢献してないやん!となってしまいます。

 

なので

最低でも10,000XEMは用意しましょう。

 

あとは

取引の回数、額で貢献度が変わってくるので

ガンガンNEMで取引すると

ハーベスティングできるかもしれません。

 

重要なことは

誰でもハーベスティング

参加するチャンスがあるということです。

 

ビットコインのように

高スペックなパソコンがなくても

NEMへ貢献さえしていれば

誰でもハーベスティングに参加して

報酬を得ることができる。

 

お金持ちがさらにお金持ちになっていくのではなく

あくまで貢献度の高い人が報酬を得ていく。

 

ここに

NEMの富の再分配、平等という理念が

感じられますね。

 

2-3.送金が鬼速い!

NEMの送金は鬼速いです。

 

それもそのはず

1つの取引記録の塊を承認する間隔が

約1分なので

あっという間に承認されます。

 

ビットコイン10分毎ですからね。

 

しかも最近は送金詰まりを

起こしていて

送金完了まで20分くらいかかる時もあります。

 

まさにガラケースマホくらい差が

ありますね。

 

2-4.コミュニティがめちゃ盛り上がってる!

f:id:positivethinkingood:20180104220234j:plain

盛り上がってるどころではないです。

 

なにせNEMをコンセプトにした

「NEMbar(ネムバー)」っていうバーまで

あるんですから。

 

NEMユーザーのことを

「NEMber」というので

それとかけたんでしょうね。

 

僕も実際に行ってきました。

関連記事:話題の仮想通貨バー「nem bar」へ行ってきた!ぼっちでも楽しかったよ!

 

さらに

手作りのNEMグッズなどを持ち寄って

開かれる「nemket(ネムケット)」

なんかもあります。

 

なんでこんなに日本で人気なのかというと

おそらく開発プロジェクトのメンバーに

日本人が参加していたからでしょうね。

 

それで日本でこんなに人気があるんでしょう。

 

お笑い芸人「かまいたち」の

山内さんもNEM推してたりします。

 

コミュニティが盛り上がってる仮想通貨は

開発も活発で価格も上がりやすいので

投資先としては最高ですね。

 

3.カタパルトってなに?

f:id:positivethinkingood:20180104221251j:plain

NEMについて調べていくと

必ず出てくるのが

この「カタパルト」という言葉。

 

カタパルトってなによ?

何を発射するのよ?

 

と思いますが

実際はNEMをパワーアップさせるための

プロジェクトのことです。

 

サイヤ人からスーパーサイヤ人になったように

NEMからスーパーNEMにしようというのが

「カタパルト」です。

 

実際名前がスーパーNEMになることは

ないでしょうけど

カタパルトが実装されると

どうなるのかというと

今よりも処理スピード上がり

処理できる容量が増えます。

 

1秒で4000件の取引記録を

処理できるようになると言われています。

 

これだけ処理できれば

ビットコインで問題になっている

容量(スケーラビリティ)の問題も

克服できるので

今後NEMを使う人が増えても

今のように鬼速い送金スピードが

保たれるでしょう。

 

このカタパルトは

2017年中に実装されるとのことでしたが

いまだに実装されていません。

 

噂では

2018年1月中に実装されるのでは

とのことです。

 

カタパルトが実装されると

NEMの価格はかなり上がっていくでしょう。

 

買うならカタパルトが実装される前に

できるだけ買いましょう。

 

4.NEMはどこで買えるの?

NEMはうれしいことに

国内の取引所で買えます。

 

冒頭でチラっと紹介した

zaif(ザイフ)coincheck(コインチェック)

ですね。

 

安く手に入れるならzaif(ザイフ)

オススメです。

 

zaif(ザイフ)だと

「取引所」でNEMが買えるので

coincheck(コインチェック)

買うよりも安くなります。

 

「取引所」と「販売所」の違いについて

よくわからないよ!

という人はこちらをご覧ください。

関連記事:【超簡単解説】zaif(ザイフ)取引所の評判とメリット・デメリット!

 

簡単いうと

「市場」で買うか

「スーパー」で買うかです。

 

市場で直接買った方が

野菜とか魚とか安くなるように

仮想通貨も「取引所」で買った方が

安くなります。

 

NEMの「取引所」があるのが

zaif(ザイフ)だということです。

 

coincheck(コインチェック)でも

NEMは買えますが

coincheck(コインチェック)の場合は

「スーパー」つまり「販売所」しか

ありません。

 

zaif(ザイフ)で買うより

ちょっとだけ割高になります。

 

ただまだzaif(ザイフ)

アカウントを開設していなかった場合

本人確認までに

2~3週間くらいかかるので

早くNEMを買いたいという人は

coincheck(コインチェック)

サクっと買ってしまうの手です。

 

coincheck(コインチェック)だと

1週間前後で本人確認のハガキが届き

手続きが完了します。

 

実際、大量に買わないのであれば

そこまで価格差は気にならないでしょう。

 

例えば50XEM買いたいとします。

 

すると

zaifの価格が220円

coincheckの価格が240円

なので

それぞれ50XEM手に入れるには

zaif:220×50=11000円

coincheck:240×50=12000円

となりその差は1000円です。

 

大体zaif(ザイフ)

coincheck(コインチェック)の価格差は

20円前後なので

自分が買いたい数量×20が

zaif(ザイフ)

coincheck(コインチェック)の差額だと

思ってください。

 

正確に計算したい人は

その時のレートをしっかり

確認しましょう。

 

それで計算してみて

これくらいの差額なら

早くNEMを手に入れて

含み益で十分吸収できるなとか

こんだけ差があったら

zaif(ザイフ)の本人確認が

完了するまで待とう

とかケースバイケースで

判断してもらうとよいと思います。

 

zaif(ザイフ)で買った方が安いからといって

まだ登録を済んでない人が

ずっと本人確認完了を待って

いつの間にかNEMが高騰していて

機会損失するよりは

coincheck(コインチェック)

サクっと買ってしまった方がお得な

場合もあるかと思います。

 

さっきの例でも

本人確認完了を待ってる間に

zaif(ザイフ)の方で240円越えてきたら

結局同じですからね。

 

買い方だけ別にまとめときました。

関連記事:NEMの買い方!zaifがベスト?未登録ならcoincheckがいい!?

 

【zaif(ザイフ)でアカウントを開設する(無料)】

【coincheck(コインチェック)でアカウントを開設する(無料)】

 

5.まとめ

まとめると・・・

NEMはProof-of-importanceの仕組みを使って

富の再分配を実現し、送金も鬼速く

コミュニティが超盛り上がってる仮想通貨

となります。

 

ほんとに冒頭に書いたように

ビットコインガラケーだとしたら

NEMスマホですね。

 

カタパルトが実装されたら

この差はもっと広がっていくでしょう。

 

今はビットコインの方が

一般の人の間でも有名ですけど

機能面からいって

将来的に実際に使われていくのは

NEMってことになっていくかもしれませんね。

 

これからビットコインがアップデートされて

ガラケーからスマホになったら

また話は変わってくるでしょうけど。

 

2017年だけでも価格が

500倍以上になったNEM

 

2018年もすでに上昇のきざしを見せています。

 

買うならなるべくお早めに。

 

【zaif(ザイフ)でアカウントを開設する(無料)】

【coincheck(コインチェック)でアカウントを開設する(無料)】

 

ちなみに!

NEMは両替できないですが

手数料激安の両替所

Changelly(チェンジリー)

をご存知ですか?

 

両替手数料が激安ですので

一度お試しあれ。

関連記事:Changelly(チェンジリー)の使い方!手数料?登録?超簡単に解説!

 

こちらもぜひ!

仮想通貨投資の始め方!超初心者が稼ぐための1番簡単な方法!

Bankera(バンクエラ)の配当がすごい!日本の銀行よりかなりお得

仮想通貨取引所のオススメベスト3!超初心者はここから始めよう! 

coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット!超簡単に解説!

ビットコインとは何ですか!初心者の人でもわかるよう超わかりやすく解説!