2週間で10キロやせたッ!

a fool Phascolarctos cinereus

笑ゥせぇるすまんのハッピーエンド話7選!喪黒福造の優しさ!?

 

※ネタバレがございますので、ご注意ください!

 

笑ゥせぇるすまんにハッピーエンドが存在したなんて!?

バカコアラです。

 

笑ゥせぇるすまんのお話のほとんどは最終的に主人公が廃人になったり、死亡したり、家がなくなったり、存在自体を消されたりと悲惨なものが多いのですが、

 

中にはこれはハッピーエンドじゃないか?

これだったら別にいいんじゃない?

 

というような喪黒 福造どうした(´Д`)!?と言いたくなるエピソードが存在します。

 

今回は「笑ゥせぇるすまん」原作漫画1~5巻の中からそんなハッピーエンドなお話を集めてみました。

 

そもそも「笑ゥせぇるすまん」をよく知らないよーという方はこちらに代表的な怖いトラウマなお話をまとめましたので、どうぞ先にお読みになって下さい。

www.bakakoara.com 

 

 

第7位 カンタンの夢枕

原作第3巻収録

 

笑ゥせぇるすまんマトリックス!?

 

あらすじ:

『家に居場所がなく、会社でもバカにされてる男が主人公。

笑ゥせぇるすまんの主人公はこういう人が多いです)

 

男が安心できるのは寝ているときだけ。

理由はいい夢が見られるから。

そんな時、喪黒 福造に出会い、確実に素敵な夢が見られるという魔法の枕「カンタンの夢枕」をもらう。

 

その際、

「いい夢だからといって連続して何度も見てはいけない。

あんまりいい夢を見続けると夢に溺れてしまいますよ。」

とおなじみの喪黒 福造の忠告をうける。

 

だが、やはり忠告は無視され、男は自宅ではもちろん会社でも夢枕を使って居眠りをはじめてしまう。。。』

 

  

この主人公、最後にはさめることのない眠りにつかされます。

一見、不幸なようにも見えますが、最後の一コマを見るとなんとも満足そうです。

 

まさに笑ゥせぇるすまんマトリックスです。

 

おそらく現実世界で彼が目覚めることは一生ないでしょう。

しかし、彼にとっての現実とはもはや夢の中なのです。

 

まさに彼は映画「マトリックス」第1部に出てきたエージェントたちと取引をして、いい待遇でマトリックス世界に戻してもらうことを要求したネオの仲間そのものです!

 

これって、割といいと思いませんか?

 

思い通りにならない現実よりも、思い通りになる夢の中の方がいいと思いませんか?

 

これからもっとVRとかが発達していったら、いつかこういう笑ゥせぇるすまんの「カンタンの夢枕」や、マトリックスのような世界が実現するかもしれません。

 

本人がこれは夢の中だと認識してしまったらむなしくなってしまうかもしれませんが、自覚がなければそこは現実と変わりません。

しかも何でも思い通りになる。

 

良さそうですよね。

 

しかし思い通りにならないからこそ人生は面白いのでしょうか。

 

良し悪しですね。 

 

さて次にいきましょう!

 

第6位 住めば天国

原作第5巻収録

 

夢のマイホーム獲得!!

 

あらすじ:

『1戸建てのマイホームに憧れる男が主人公。

男は家族と郊外の団地暮らし。

子供や妻の将来のためにもどうしても戸建てのマイホームがほしい。

 

そんな折、喪黒 福造と出会い、いい物件があるので紹介しますと言われる。

言われるがままついていくとそこはとある高層ビル。

こんなところに家があるのかと尋ねる男に喪黒 福造は黙ってついてくるよう伝える。

屋上に上がってみるとそこには吊り下げられた1戸建ての住宅があった。。。』

  

 

このお話では最終的に吊り下げられた家がもらえます。

 

確かに高層ビルの屋上の、さらに吊り下げられた家なんて不安定極まりないですが、しかしその家はビルの会長が隠居部屋として作ったものとのこと。

きっと作りもしっかりしているはず。

 

落ちることを考えなければ全然ありではないでしょうか。

見方を変えれば流行りのタワーマンションですね。

 

現実的なことを考えるならば買い物に行くのが大変そうですが、そこはアマゾンで注文して、宅配してもらいましょう。

 

まあ高所恐怖症の場合は地獄かもしれないですけど。

 

第5位 家庭教師

原作第3巻収録

 

これがバッドエンドなら「咲-Saki-」はどうなる!

 

あらすじ:

『最近の子供は受験だなんだと勉強ばかりで遊ぶ時間がなくてかわいそうと嘆く男が主人公。
 

主人公の息子も例外ではなく、受験勉強のため塾へ通っていた。

そんな時、喪黒 福造と出会い、もっと良い家庭教師を紹介すると言われる。

主人公は「これ以上、家庭教師は結構だ」と断るも、喪黒 福造は主人公宅に家庭教師を連れて現れ、

「私は普通の家庭教師なんて紹介しません。まずは坊ちゃんに会わせてください」

と言い、ちょうどそこに帰ってきた息子に家庭教師を紹介する。

 

その家庭教師が教えるものとはベーゴマ、将棋といったいわゆる「遊び」だった。

 

息子はその家庭教師に夢中になっていき、主人公の男もそれを歓迎していたが、喪黒 福造から「子供は自制がきかないので、のめりこみすぎないようにあなたがブレーキをかけてください」と言われる。

しかし、主人公は「いきすぎるくらい遊んでくれた方が子供らしくていい」

と忠告を無視する。。。』

  

 

このお話のラストでこの坊ちゃんは遊びを極め、実戦で「九蓮宝燈」を出せるほどの雀士になります。

 

正直、実戦で九蓮宝燈が出せるなら雀士になった方がいい、と思います。

 

半端ではない麻雀の才能です。

 

喪黒 福造が「もう息子さんはあの道を進むしかない」っていって主人公、つまりお父さんに「ドーン」するんですけど、いや、どうぞ、進ませてやってください! 

 

これをバットエンドだとするならばかわいい高校生たちが麻雀で戦う「咲-Saki-」はどうなるのでしょう。

あのかわいい女子高生たちはみんなバッドエンド?

ということになってしまうので、これはハッピーエンドにしときましょう。 

 

おそらく笑ゥせぇるすまんの描かれた頃は今よりももっと麻雀に対してのイメージが良くなかったんでしょうね。

 

ただ、現代で考えるならそんなに悪いオチではないし、彼にはきっとこの先、雀プロとしての明るい未来が待っているでしょう。

 

第4位 ブルーアイ・ジャパニーズ

原作第3巻収録

 

笑ゥせぇるすまん」ではめずらしい外国人主人公!

 

あらすじ:

『主人公は日本の風土になじめない外国人サラリーマン。

特にアフター・ファイブの飲み会という文化になじめなかった。

社外でも会社の人と付き合うというのは考えられない、なぜ日本のサラリーマンはあんなにも呑みに行きたがるのかと悩む主人公。

 

それを喪黒 福造に相談すると

「日本人は仕事を家庭へ持ちこまないために、会社でのストレスをアフター・ファイブのパーティでスッキリさせて家へ帰るのです」と言われ、

もっと日本になじめるようにしてあげましょうと呑みに連れまわされてしまう。

 

その結果、朝帰りしてしまう主人公。

そこには夫の朝帰りにご立腹の妻。

この妻も夫と同じく外国人であるため、会社帰りの呑み会には全く理解がない。

こっぴどく怒られる主人公。

 

しかしその翌日も喪黒 福造に捕まってしまい、呑みに連れていかれる主人公。

 

結局また深夜に帰宅することになってしまい、恐る恐る自宅のインターファンを押そうとしていたところ、再び喪黒 福造が現れもっと日本人のサラリーマンに同化できるようにしてあげましょうと「ドーン」されてしまう。。。』

 

 

このお話のラストでは夫婦そろって純和風化されてしまいます。

 

夫の帰宅が遅いことにかなり怒っていた外国人妻もすっかり純和風の奥さんへと変身。

 

そして夫の朝帰りを叱るどころか、完全に受け入れて、さらにかなり遅い時間にもかかわらず、夫を送ってきた同僚を自宅へ招き入れようとします。

 

これはこれでありと言えばありではないではかと。

 

この主人公は日本の文化に憧れてわざわざ日本の会社へやってきたのですから、純和風化されることはむしろ歓迎するべきことではないでしょうか。

郷に入っては郷に従えということでしょう。

 

オチのコマでも笑ってますしね。

 

ただアフターファイブの付き合いでプライベートをないがしろにするのは良くないと思います。

 

どっちを重視するべきなのか。

最近は日本でもプライベート重視になってきてますけどね。

 

このあたりさすが笑ゥせぇるすまん

色々と考えされられます。

 

第3位 夜行列車

原作第3巻収録

 

笑ゥせぇるすまん」のハッピーエンド話といえばこれ!

 

あらすじ:

『いつも会社帰りに夜行列車の時刻表を眺め、いつかそれに乗って知らない町で第2の人生をスタートさせたいと妄想している男が主人公。

 

まさにそんな妄想をしている最中に喪黒 福造に出会い、夜行列車に乗るよう「ドーン」される。

「ドーン」されて夜行列車に乗る主人公。

まんざらでもない様子で風泊駅というところで降りる。

そこには雰囲気のいい居酒屋「とまり」があった。

 

吸い込まれるように入っていく主人公。

するとそこには美しい女将がおり、今晩泊まるところのない主人公に店の2階を提供してくれるという。。。』

 

 

このお話はよく笑ゥせぇるすまんのハッピーエンド話として紹介されています。

 

この主人公のすごいところは喪黒 福造の忠告をキチンと守ったところ。

 

居酒屋「とまり」に入り浸りそうになっている主人公に喪黒 福造は一度、家へ電話した方がいいですよと忠告するのです。

 

そして主人公はちゃんとその通り、自宅へ電話します。

 

忠告を守って、ちゃんと家に電話したから、元の世界へ帰ることができたのです。

 

おそらくこれまでの主人公なら、電話せず「この町で暮らすんだい!」とか言い出して、「ドーン」されて廃人になるんでしょうけど、この主人公は違いました。

その結果のハッピーエンドです。

 

主人公はひと時の夢を見て、現実世界へ無事帰還。 

 

笑ゥせぇるすまん全体で見ると圧倒的にハッピーエンドな部類。

ということで第3位。

 

第2位 下り電車への招待

原作第4巻収録

 

2度目の登場!居酒屋「とまり」

 

あらすじ:

『通勤途中いつも下り電車に乗ってどこか知らない町へ行ってみたいと考えている男が主人公。

 

とある通勤途中、喪黒 福造と出会いそのことを見破られ、「翌日、あなたは下り電車に乗り、風泊駅で降りる!」と「ドーン」されてしまう。

 

そして翌日の通勤途中、主人公は乗っていた電車があまりに満員だったため、そこから弾き出されてしまう。

そこで喪黒 福造の言っていたことを思い出し、下り電車に乗り、風泊駅で降りる主人

公。

 

そこには雰囲気のいい居酒屋「とまり」があり、昼ごはんはじめましたの紙が貼ってある。

吸い込まれるように入っていく主人公。

するとそこには美しい女将がおり、今晩泊まるところのない主人公に店の2階を提供してくれるという。。。』

 

 

3位の「夜行列車」と話の流れは同じです。


しかしこの主人公は日帰りとなります。

「とまり」の女将は「夜行列車」の主人公に対して、まんざらでもない様子で2週間の居候を許します。

 

でもこの「下り電車への招待」の主人公に対しては一泊も許しません。

 

来たその日の晩に常連の見た目が怖いお兄さんに頼んで、追い出してもらっています。

ここに居座るにはどうやら女将の心証が重要なようです。

そりゃそうですよね、店の2階を貸すんですから。

 

と言いつつもこの女将の心の変化はなかなか急激なものです。

 

お昼に2階を使ってもいいと言ったにもかかわらず、夜には追い出すわけですから。

 

そうです。

お察しの通り、おそらく女将の心の変化は喪黒 福造によるものでしょう。

 

喪黒 福造は速攻でこの主人公を帰らせようとします。

理由を聞くとなかなかどうして喪黒 福造がちょっといい人に見えます。

というか正論を言います。

 

結果的に主人公は女将さんとは仲良くなれませんでしたが、社会的ダメージは少なくてすみました。

 

それがこのお話を2位にした理由です。

 

3位の主人公、実は奥さんが倒れています。

そのため家へ帰る流れとなるわけです。

 

さらに会社も2週間休んでいます。

 

このことから考えると第3位の主人公は帰宅してからかなり大変な思いをするでしょう。 

 

でも2位の主人公には奥さんもいませんし、日帰りですから、会社も1日しか休んでいません。

1日くらいなら言い訳できるでしょう。

社会的ダメージが圧倒的に低いのです。

なので、こちらを2位にしました。

 

しかし居酒屋「とまり」が出てくると喪黒 福造はなんだかいい人になります。

ここには喪黒 福造の慈悲をもたらす何かがあるのでしょうか。

単純に女将がキレイだから喪黒 福造の機嫌が良くなっているだけなのでしょうか。

 


それでは堂々の第1位!!! 

 

 

第1位 夜の女王さま

原作第5巻収録

 

悲惨どころか喜ぶ主人公!これぞハッピーエンド!

 

あらすじ:

『昼はOL、夜はホステスとして働く女が主人公。

ある日、退社しホステスとして働いている店に向かう途中、喪黒 福造と出会い、「あなたはとても美しいが、それをあなた自身が意識し、女王蜂気取りで寄ってくる男たちを軽くあしらっているとひどい目にあいますよ。」と忠告をうける。

 

しかし女主人公は忠告を無視。

 

自分を気に入ってくれているお客さんに対して暴言を吐いてしまう。

またOL時に課長から「今度の接待で君を紹介したい人がいる。すごく美人な社員がうち

にいると言ってしまったんだ。だからどうしても一緒にきてくれないか」と誘いを受けるが、無下に断ってしまう。。。』

 

 

原作の笑ゥせぇるすまんの中には2つだけ女性が主人公の話があります。

これはその1つ。

男女問わず心にスキマがあれば、忠告を聞かないようです。

 

この女主人公は最終的に夜の蝶として生きていくこととなります。

 

しかし笑ゥせぇるすまんの数あるエピソードの中でも最後のコマで、ここまで楽しそうに笑っているのは彼女だけじゃないでしょうか。

 

廃人化したり、わけがわからなくなって笑っているパターンはありますけど、こんなに楽しそうに笑っているのは彼女だけだと思います。

 

ぜひオチのコマを見てみてください。

 

喪黒 福造も個性的なお姐さんが少なくなってきていることを嘆いているくらいですか

ら、これから彼女は貴重な個性派お姐さんとして夜の世界で登り詰めていくでしょう。

 

まさに「好きなことで飯を食っていく」だと思います。

 

きっと彼女にOLはあっていなかったのです。

それでもOLを続けていたのはやはりどこかに不安があったのか、夜の世界1本にすることに後ろめたさがあったのか、なんにしても踏ん切りがついていなかったのでしょう。

 

単なるバイトとしてやっていた可能性の方もありますけど。

 

いや、それでも彼女に夜の世界の適正があったのは明らかです。

自分に適性のある世界で好きなように生きていく。

これをハッピーエンドと言わず何というのでしょうか。

 

笑ゥせぇるすまん史上最高のハッピーエンドだと言えます。

 

まとめ

今回は笑ゥせぇるすまんのハッピーエンド話7選としてお送りしてきました。

 

文字だけで見るよりもやはり絵があってのマンガですから、ご興味を持っていただけた方は良ければ原作も読んでみてください。

 

 

ちなみに喪黒福造の弟のお話はこちら!

 

アニメ版は

Amazonプライム・ビデオで見れます!

 

上でも書きましたが最後に紹介した1位の「夜の女王さま」が、笑ゥせぇるすまんの原作1~5巻の中にある女性主人公のお話2つのうちの1つ。

 

もう1つの女性主人公のお話もなかなかハッピーエンドです。

 

そちらも良ければ原作でチェックしてみてください。 

 

ホーッホッホッホ