仮想通貨とアニメと

a fool Phascolarctos cinereus

「ボールルームへようこそ」14話感想!千夏の過去を想うと泣ける!

スポンサーリンク

f:id:positivethinkingood:20171008045230j:plain

TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト

 

※ネタバレをたっぷり含みますのでまだ本編を見てない人はAmazonプライム・ビデオで最新話を見てから戻ってきてください。

 

関連記事:アニメ見放題の動画配信サービスおすすめベスト5!全部使って比べてみた!

 

ほんと毎回圧倒的な熱量のアニメ

ボールルームへようこそ

 

今週ついに多々良と千夏が

カップルになりました。

やったね!

 

でもここからが

多々良にとっての本当の試練と

なることでしょう!

 

それでは気になったところを

振り返っていきましょー!

 

 

千夏の過去

前半部分で要所要所に出てきた

千夏の過去話。

 

過去話といっても

回想シーンとかが

あったわけじゃないですけどね。

セリフの中で上手く説明されてました。

 

どうやら 

  • 昔は競技ダンスをやっていた。
  • しかし高校に入る時にやめた。
  • お見合いでセクハラされたらしい。
  • 明と組んで女子ペアで大会に出てた。
  • ほとんどフォローを回してもらえずずっとリーダーだった。

今回わかった千夏の過去をまとめると

こんな感じですかね。

 

原作漫画だと

もうちょっと詳しく説明されてます。

特にお見合いで

セクハラされたところなんかは 

もうちょっと説明されてて

それが千夏のやめる原因の1つだったのかなって

思うくらいです。

 

明のところに

お古のダンスグッズを持っていく前に

アニメではカットされてましたけど

家を出るときにお母さんとちょっと

言い合いをするんですね。

f:id:positivethinkingood:20171008035959j:plain

(原作6巻)

 

というやりとりがあったわけです。

 

ここから考えるに

千夏はやめたくて

やめたわけじゃないんでしょうね。

もっと言うと

競技ダンスが嫌いになって

やめたわけじゃないんでしょう。

 

嫌いなら仙石ペアの試合を

わざわざ見に行ったりしませんしね。

多々良についていって

ダンススタジオに行くこともなかったでしょう。

 

千夏の性格を考えるに

自分に合うリーダーが見つからないなら

もういい!やめちゃえ!!

ってなっちゃったんじゃないですかね。

 

もう少し深く考えてるとしたら

ずっとリーダーをやってきた

自分とペアを組める男なんて

いないとあきらめていたのかもしれません。

 

そう考えるとなんだか

すごく可哀想になってくるんですよね。

 

ずっとリーダーをやっていたのも

明がリーダーをやらせてくれなかったからで

それでフォローが下手になって

合う男がいなくて

仕方なくやめちゃうなんて。

 

切ない。

 

そんな千夏が多々良と出会ったのは

運命としか言いよう無いですね。

 

ほんと多々良と出会えてよかったよ。

 

多々良は大変だろうけど。

 

多々良と千夏の初公式戦!

そんなこんなで

ペアを組んだ二人はさっそく公式戦です。

 

振り回される多々良。

そりゃそうですよ。

 

だって千夏はジュニアから

やってきてるわけですから。

年季が違います。

 

千夏の方が

ダンスが上手いわけです。

 

真子ちゃんと組んでた時は

おそらく真子ちゃんがフォロー

上手かったから形になっていったんでしょう。

真子ちゃん一応

賀寿の相方ですしね。

 

天平杯で雫に勝ちましたし

単体で本領発揮すれば

かなり優秀なフォローだったわけです。

 

そこへくると

千夏はきっと真子ちゃんほど

フォローが上手いわけじゃないんでしょう。

ずっとリーダーやってきましたし。

リードができない多々良とじゃ

最悪な組み合わせです。

 

最後、苦肉の策で多々良が

フォローしてましたけど

マリサ先生にズルい子と

一蹴されてしまいました。

 

女の子にリードさせてるわけですから

ズルい子といわれるのも当然です。

 

ここから多々良がどう変わって

千夏をリードして

いけるようになるのか

乞うご期待って感じですね。

 

んで千夏のドレス姿って

かなりカッコよくないですか。

雫と同じくらいか

それ以上にカッコイイと思います。

 

最強なのはOPの

赤いドレスですけどね。

”緋”山千夏ですからね。

あれは最高にカッコイイ。

 

原作との違い

おそらく今このつたない感想文を

お読みの皆さんの中には

アニメしか見てないよーって方が

結構いると思います。

 

けれどもこの作品

アニメと原作が結構違います。

 

大まかな話の流れは同じですが

アニメの方が青春要素強めです。

原作にあるギャグ要素を

カットしたり解釈を変えたりして

シリアスというか真面目な感じの

雰囲気に仕上げています。

 

アニメ版は多々良そのものって感じですね。

真面目な感じ。

でもだからこそ青春であったり

その一瞬にかける熱量が

不純物なく伝わってくる。

 

アニメは漫画と違って

勝手に絵が流れていきますし

尺も決まっています。

ある程度抽出しないと

重要な要点を伝えられないということでしょう。

 

まあそんなわけで

けっこうアニメと原作に差があるんですが

僕としては何でここをカットした?

ってコマがあるのでそれを紹介したいと思います。

f:id:positivethinkingood:20171008043235j:plain

(原作6巻)

 

ここです。

僕はこの

「この甲斐性なし!」

ってセリフがどうなるのか

ちょっと楽しみだったんですけどね。

 

千夏の性格が出るというか

甲斐性なしってなった後からの

動くのを待ってた!?って流れが

好きだったんですが

アニメではカットされてました。

 

んー、アニメはギャグ要素少な目だから

かもしれませんね。

 

漫画だと試合前に多々良と千夏が

ドレスのレンタル料のことで

ちょっと面白いやりとりを

するんですが

それがアニメではカットされてました。

 

だからここで

甲斐性なしのセリフを入れると

千夏の面白い要素がカットされて

キツイ性格の部分だけを残すってことに

なりますから

よりキツイ印象が

残ってしまっていたでしょう。

 

なのでバランスを

考えてカットしたのかもしれませんね。

 

他にも原作と違うところが

けっこうありますので

よければ原作も読んでみて下さい。

まとめ

ちょっと切ない過去を背負った千夏と

全くリードができない多々良。

これからどうなっていくのでしょうか。

 

個人的には

千夏が踊ってるところは

ほんとにカッコいいので

もっと動く千夏が見たいです。

なので多々良もっとがんばれ。

もっと千夏を引っ張って

輝かせて!

 

来週は

じゃじゃ馬ならし

ということで

多々良に乗りこなせるんでしょうか。

 

乗りこなせずに

落馬してしまうんでしょうか。

 

まあがんばってくれ!

 

てかさ

緋山千夏の声を赤﨑千夏がやるって

できすぎじゃね?

 

ちなみに!

ボールルームへようこそ

Amazonプライム・ビデオで見れますよ!

 

しかも関西圏の放送直後から見れます!

なので関西圏以外の人にとっては

Amazonが最速です。

 

違法サイトで見てるあなた!

こっちなら何のお咎めもなく、さらに無料で見れて

さらに最速だから(関西圏除く)

こっちにした方がいいよ。

関連記事:アニメ見放題の動画配信サービスおすすめベスト5!全部使って比べてみた!

 

こちらもぜひ!

仮想通貨投資のやり方!稼ぐための超低リスクな方法【超初心者用】

ビットコインを無料で簡単に入手する方法!ゲーム!アプリ!ポイントで稼ぐ!

フリーブックスの代わりになる漫画アプリ7つ 

泣くほどストーリーが面白いおすすめアニメランキングベスト51!

【都内限定】本当にカットが上手い凄腕美容室 5選に行ってみた!感想!